W杯ドイツ戦でひそかに笑撃が走った長友佑都の行動 「アメトーークの通りだ」と話題に

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で23日に行われたグループリーグのドイツ戦で逆転勝ちを収めた日本。この試合で左サイドバックとして出場したDF長友佑都は、豊富な運動量で歴史的金星に貢献したが、もう一つの“長友らしさ”が話題に。味方がゴールした際など重要な局面で必ず写真に写ることから、人気番組「アメトーーク」でも取り上げられた秘儀「どこでも長友」。ネット上で「アメトーークの通りだ」「今回もどこでも長友してた」と反響を呼んだ。

ドイツ戦に左サイドバックとして出場したDF長友佑都【写真:ロイター】

ドイツ戦に左サイドバックとして出場したDF長友佑都【写真:ロイター】

「アメトーーク」で特集された「どこでも長友」をW杯の舞台で実証

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で23日に行われたグループリーグのドイツ戦で逆転勝ちを収めた日本。この試合で左サイドバックとして出場したDF長友佑都は、豊富な運動量で歴史的金星に貢献したが、もう一つの“長友らしさ”が話題に。味方がゴールした際など重要な局面で必ず写真に写ることから、人気番組「アメトーーク」でも取り上げられた秘儀「どこでも長友」。ネット上で「アメトーークの通りだ」「今回もどこでも長友してた」と反響を呼んだ。

 歴史的な一戦。「どこでも長友」だった。後半12分に退くまで左サイドで奮闘した背番号5。しかし、ベンチに退いても存在感は抜群だった。浅野拓磨が逆転ゴールを決めた場面や試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、誰よりも早くピッチに駆け出し、“主役”のように写り込んだ。

 味方が得点した際、誰よりも真っ先に駆け出し、高確率で新聞紙面などの写真に写り込むことから「どこでも長友」のフレーズで、テレビ朝日系の人気番組「アメトーーク」の日本代表特集で取り上げられたほど。W杯でドイツを破るという歴史的金星を挙げた試合でも“らしさ”は変わらなかった。

 ネット上でもやはり注目を集め、「アメトーーク見てから長友めっちゃ探す」「今回もどこでも長友してて笑った」「今日もゴール決めた選手の横にピタッといる長友さん見て笑った」「アメトーークの通りで微笑ましかった」「すぐ隣にピンクの頭がいるw」「ここって時に絶対最前線に長友がいる」「どこでも長友が気になって仕方なかった」「ゴールのたびに長友を探してしまった自分がいた」「ベンチに下がっても流石です」などの声が上がり、大盛り上がりだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す