日本代表がロッカーに残した置手紙 海外称賛「真の一流だ」「日本は普通じゃないよ」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本が強豪ドイツに2-1で逆転勝ちした。試合後、綺麗に整理整頓された日本のロッカールームの画像をFIFA公式が公開。メッセージと折り鶴の様子もあり、海外ファンも「真の一流だ」「日本は普通じゃないよ」と感動した様子のコメントを寄せた。

ドイツに勝利し、喜ぶサッカー日本代表【写真:ロイター】

ドイツに勝利し、喜ぶサッカー日本代表【写真:ロイター】

折り鶴とともに残したメッセージとは

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本が強豪ドイツに2-1で逆転勝ちした。試合後、綺麗に整理整頓された日本のロッカールームの画像をFIFA公式が公開。メッセージと折り鶴の様子もあり、海外ファンも「真の一流だ」「日本は普通じゃないよ」と感動した様子のコメントを寄せた。

 感謝を忘れなかった。日本のドイツ戦ロッカールーム。ベンチやハンガーには何もなく、中央のテーブルに綺麗に畳まれたユニホームやビブスが置かれていた。さらに注目はテーブルの上。折り鶴とともに「ありがとう!!」の日本語と、アラビア語でも感謝が記された置手紙が残されていた。

 シンガポールのニュースサイト「マザーシップ」公式ツイッターは、「日本がドイツに2-1の歴史的勝利の後、ロッカールームを清掃」と記して折り鶴とメッセージの画像を公開。海外ファンからは「Wow”Syukron”(ありがとう)と折り紙だ。これ以上何を求められる?」「真の一流だ。今大会で勝ち上がって欲しい」「日本代表は普通じゃないよ」「チャンピオンだ!」と脱帽した様子の声が上がっていた。

 日本はピッチ外でも称賛を浴びていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す