日本大金星に日本中が「森保さん、ごめんなさい」と掌返しの大合唱「日本代表舐めてました」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。采配を的中させた森保一監督に、ネット上が“謝罪”する展開となった。

ドイツを撃破し、笑顔の森保監督【写真:ロイター】

ドイツを撃破し、笑顔の森保監督【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律浅野拓磨が続けて得点。采配を的中させた森保一監督に、ネット上が“謝罪”する展開となった。

 最高の形でW杯初戦をものにした。前半、GK権田が相手を倒してPKを献上し、1点を先取された日本。後半に入ると、森保監督は積極的に選手交代。すると後半30分、左サイドから三笘が切り込み、スルーパスに南野が反応。中央に折り返したボールをGKノイアーが弾くが、これに堂安が反応。冷静に左足で押し込み、同点ゴールで歓喜を爆発させた。

 さらにその8分後、自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、抜け出した浅野がスピードに乗った。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功。歓喜の試合後、森保監督は中継インタビューで「選手、スタッフ一丸となって、粘り強く戦おうというのが勝利に繋がった」と語った。

 これまで批判に晒されることが多かった森保監督に対し、ツイッター上では「森保さん、ごめんなさい」の大合唱。「さあ皆さんご一緒に」「まず言いたいこと」「日本代表舐めてました」「もう悪くいません」「システム変更はまってました」「日本最高!」などの声が上がり、掌返しの“謝罪”する人が続出した。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す