収益は個人アスリートで過去最多 欧州移籍の23歳サッカー選手、トークン発行の理由

J2の徳島ヴォルティスに所属していた渡井理己が今夏、ポルトガルのボアヴィスタFCに期限付き移籍した。テクニックに優れる23歳MFの欧州挑戦に大きな注目が集まる。

今年4月にJリーガーとして初めてトークンを発行した23歳MF渡井理己【写真:#Watai Project】

今年4月にJリーガーとして初めてトークンを発行した23歳MF渡井理己【写真:#Watai Project】

徳島から今夏ポルトガル移籍のMF渡井理己、4月にはJリーガーで初めてトークン発行

 J2の徳島ヴォルティスに所属していた渡井理己が今夏、ポルトガルのボアヴィスタFCに期限付き移籍した。テクニックに優れる23歳MFの欧州挑戦に大きな注目が集まる。

 プレーヤーとしての実力もさることながら、渡井は今年4月にJリーガーとしては初となるトークン新規発行・販売をスタートさせたことで話題となった。

 トークンとはブロックチェーン技術を利用して発行されたデジタルアイテム(証)のこと。このトークンを活用し、渡井は新しい形のファンコミュニティを作っていくという。

「渡井プロジェクト」と題されたこのコミュニティの仕組みを簡単に説明すると、渡井が発行したトークンをファンが購入。渡井はその支援金を活用し、様々な活動を行っていくというもの。購入者にはプロジェクト発の投票企画への参加権や、限定イベント・限定グッズの応募ができるなどのメリットがある。つまりクラウドファンディングと仕組みは同じだ。ただしクラウドファンディングと一線を画すのは、トークンは価値が変動するということ。購入者が増えれば増えるほどトークンの価値は高まるため、一方通行の支援ではなく、相互にメリットがあるのだ。

 これは株式会社フィナンシェが提供する「FiNANCiE」というサービスで、すでにJリーグクラブをはじめ、多くのスポーツチームが利用している。しかし一個人、しかも現役のサッカー選手である渡井が、なぜこのプロジェクトをスタートさせたのか。

 活動のベースにあるのは、渡井がプロ生活をスタートさせた徳島県に対する地域貢献の想いだ。渡井はすでに昨年から「note」のサービスを活用し、自身の情報を発信。その売上金を活用し、地域貢献活動を行ってきた。

「最初は児童養護施設にボールを寄付しました。その時はクラブでも発信してくれましたし、徳島のテレビにも取り上げてもらったので、いろんな方から反響がありました。施設の子どもたちも喜んでくれましたし、手紙ももらったりしたので、やって良かったなと思いましたね」

 一方、noteで発信するだけでは、限界を感じる部分もあったという。

「自分が記事を出して購読してもらう形なのですが、それだと一方通行の関係性しか築けないんですよね。やっぱり、多くの人と継続的に関わっていくためには、お金を出してくれる側にもメリットがないとダメだなと思ったんです。コロナ禍でもあったので考える時間はあったし、いろんなやり方を模索しているなか、トークンの話を聞いて、理想に近いものだと感じたので、始めてみることにしました」

2018年のプロ入りから渡井理己は徳島で4年半プレー、海外移籍した今も愛する気持ちは変わらない【写真:#Watai Project】

2018年のプロ入りから渡井理己は徳島で4年半プレー、海外移籍した今も愛する気持ちは変わらない【写真:#Watai Project】

プロ入り後に感じた徳島の人たちの温かさ

 そもそも渡井は静岡県出身で、徳島と関わりを持ったのはプロに入ってから。徳島のために活動しようと思ったのは、何がきっかけだったのだろうか。

「今年で徳島に入って5年目なんですが、プロとしてやっていくうちに知らない部分でサポートを受けてきたことはたくさんあると思うんです。その恩を選手として返していくことは、とても大事だと感じています。もちろん、いずれは生まれ育った静岡でもできればいいと思っていますが、まずはプロとして成長させてくれた徳島に少しずつ返していけたらいいなと思っています」

 渡井が感じているのは、徳島の人たちの温かさだ。

「試合ではもちろん、こういうピッチ外の活動に対しても応援してくれています。なかなか勝てなかった去年も、スタジアムにたくさんの人が足を運んでくれました。ヴォルティスを愛してくれているし、選手のことをたくさんの人が見てくれている。そういう環境だからこそ、何かを返したいという想いがより強くなっていきました」

 もちろん、サッカー選手であればファンやサポーターに対する感謝の想いをもってプレーしているのは当然のこと。しかし、その想いを行動に移すのは決して簡単なことではない。しかも渡井はまだ23歳である。

「サッカー選手って、練習時間は短いですし、自由な時間は一般の方に比べれば多いんです。もちろんサッカー選手として良いプレーをしたり、結果を出すことが一番ですけど、サッカー選手だからこそ、いろんな価値を生み出せると僕は思っています。サッカーに集中しろと言われることもありますけど、この活動を応援してくれる方のほうが多いですし、いい出会いにも恵まれました。それが行動するきっかけだったり、モチベーションにもなっています」

 noteで行っていた時よりも、トークンを活用する今回のプロジェクトは支援の額も多くなり、その分規模も大きくなる。渡井はこれから、どのような活動を行っていくのだろうか。

「これまではサポーターの人たちと関わることが多かったんですが、企業だったり、大きな団体に対してアプローチをかけていきたいと考えています。その結果として徳島県全体が盛り上がるようなことをしていきたいですし、いずれは徳島ヴォルティスにも還元できればいいですね」

ポルトガル移籍が決まりトークンの価値は倍以上に

 その第一歩として、まずは徳島県内でスポーツの巡回指導を行っている団体をサポートすることを考えているという。ウェアを寄付し、スポンサーを集め、金銭的なサポートをすることで、徳島の子どもたちがスポーツに触れる環境をより良くしたいという想いからだ。

 渡井にこの話を聞いたのは、ポルトガルに移籍が決まる前のこと。その際に、こんな目標を語っていた。

「サッカー選手なので1つのチームに留まることは難しいですけど、移籍してもこの活動はできますし、移籍先でもいろんなことができたらいいと考えています。海外にステップアップして、代表に入れるような選手になれば、より多くの人がこの活動に興味を持ってくれると思います。ファンやサポーターだけではなく、他の選手にも伝わってほしいですね。僕だけではなく、いろんなアスリートが価値を提供する側になってくれればいいなと思っています」

 引退してからでは遅い。影響力の大きい現役選手だからこそ意味がある。言葉通りにステップアップを実現した今、渡井の活動はさらに注目を集めることになるだろう。

 実際に海外移籍決定後にトークンの価値は倍以上になり、個人アスリートでの収益では過去最多(404万円)になったという。

 7月13日に移籍が発表された際、渡井は徳島ヴォルティスを通じて、こんなメッセージを送っている。

「僕は徳島の皆さんのことが本当に大好きです! 僕は徳島を離れますが、皆さんの思いを叶えてくれる選手たちが徳島ヴォルティスにはたくさんいます。僕も変わらず徳島ヴォルティスのことを思い続け、目標が叶うことを信じています。引き続き徳島ヴォルティスを応援しながら少しでも僕のことを気にかけていただけたらと思います! 徳島まで僕の名前が届くように頑張ります! 行ってきます!!」

 ポルトガルに行っても、徳島を愛する気持ちは変わらない。渡井プロジェクトはその想いを形にする活動となる。

(原山 裕平 / Yuhei Harayama)

ジャンルで探す