日本代表は「眩しい存在であるべき」 日韓W杯から20年、宮本恒靖が“スター不在”危惧

2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

宮本恒靖は、カタールW杯での日本代表の活躍と熱狂の再来を期待【写真:荒川祐史】

宮本恒靖は、カタールW杯での日本代表の活躍と熱狂の再来を期待【写真:荒川祐史】

「日韓W杯、20年後のレガシー」#33 宮本恒靖の回顧録・第5回

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)の開催から、今年で20周年を迎えた。日本列島に空前のサッカーブームを巻き起こした世界最大級の祭典は、日本のスポーツ界に何を遺したのか。「THE ANSWER」では20年前の開催期間に合わせて、5月31日から6月30日までの1か月間、「日韓W杯、20年後のレガシー」と題した特集記事を連日掲載。当時の日本代表メンバーや関係者に話を聞き、自国開催のW杯が国内スポーツ界に与えた影響について多角的な視点から迫る。

 日韓W杯でのベスト16という成績は、1990年代からの育成年代における強化が実を結んだ結果だった。熱狂に包まれた自国開催W杯から20年、日本サッカーは着実な進化を遂げてきた一方、課題も見え始めている。20年前の主役の1人だった宮本恒靖は、今年行われるカタールW杯での日本代表の活躍と熱狂の再来を期待している。(取材・文=佐藤 俊)

 ◇ ◇ ◇

 2002年日韓W杯、日本は史上初めて決勝トーナメントに進出したものの、トルコに0-1で敗れ、ベスト16で大会を終えた。

 当初はフランスW杯で3戦全敗に終わった日本が、ホスト国とはいえ結果を出せるのかと懐疑的な見方をされていたし、チームを率いるフィリップ・トルシエはたびたび選手やメディアと衝突するなど、すべてが順調にきたわけではなかった。それでもW杯出場2回目で初勝利を挙げ、グループリーグも首位通過するなど、日本サッカーの躍進を象徴する大会になった。

 その背景には、中田英寿というエースがいて、稲本潤一や小野伸二ら「黄金世代」の優秀な選手が集うなか、まだ世界をそれほど知らない若い選手たちに厳しさを持って接し、戦ったトルシエの功績が大きい。

 宮本はそれと同様に、日本サッカー界の取り組みも大きかったと語る。

「日韓ワールドカップで日本がベスト16まで行けたのは、90年代からの強化が実を結んだからだと思います。93年のU-17の大会に臨むチームのドイツ、フランス遠征や、97年のU-20を目指すチームのイタリア、オーストラリア遠征など、強化育成にお金をたくさん使ってくれた。自分たちや次の世代も合宿や試合などで世界を経験して、一番動ける時にワールドカップを戦えた。突然、2002年で自分たちが強くなったのではなく、その前の10代での強化育成がすごく重要だったし、その成果が2002年に出たと思います」

20年前と今では海外で活躍する選手の数は「雲泥の差」

 1990年代、日本のカテゴリー別代表は世界に出て、合宿や試合をこなした。そうして宮本らは97年のワールドユース(現・U-20W杯)でベスト8、小野ら“黄金世代”が臨んだ99年ワールドユースでは準優勝を果たすなど、結果を出して成長してきた。その経験が、2002年の日韓W杯で世界相手に怯まず戦えたことに繋がった。

 だが、トルコ戦で得点を奪えずに敗れたことから課題も見つかった。

「コンビネーションでのゴールも大事ですが、ソロ(単独)でゴールをこじ開ける選手が出てこないと、ベスト16やその上に行くのはもちろん、日本が安定した成績をあげていくのが難しいなというのを、トルコと戦いながら思いました。それは02年以降、今に至るまでの課題でもあると思います」

 初めてベスト16に進出したなかで見えてきたことは多々あり、当時の日本サッカー界は日韓W杯から多くのものを得た。宮本自身は、何が一番大きかったと考えているのだろうか。

「サッカーや日本代表に対する期待感がすごく上がっていた時代で、そこで活躍する選手たちはすごく魅力的に見えたと思うんです。あれを見てサッカーファンになったり、将来サッカー選手になろうと思った子供たちが数多く出てきて、彼らが今の日本のサッカーを支えてくれている。また、あの時にできたスタジアムから、今は全国にサッカー専用スタジアムができたり、環境面も遺産と進化が両立されていった。そうしてサッカー界が良い方向に進むキッカケになったし、その考えをサッカー界が常に共有し、今もその方向に進んでいるからこそ、ここまで連続してワールドカップに行けていると思います」

 1998年のフランスW杯以降、今年のカタールW杯まで日本は7大会連続出場を果たしている。だが、20年前の日本代表の輝きやチームにいた選手の個性を考えると、今は少し物足りなさを感じてしまう。

「20年前と今とでは海外でプレーする選手の数は雲泥の差ですし、単純に力が上がって凄いと思いますね。ただ、本当のトップでプレーしている選手はまだ少ない。それに本来、日本代表はスター選手の集まりであるべきだし、そこからさらに凄いスターを輩出していかないといけない。でも、今のサッカー界でスター選手は誰かと聞かれると、全員が名前を挙げるような存在がいるかどうか。プロ野球には大谷翔平佐々木朗希が出てきて、子供たちはそういう選手に憧れるし、試合で見たいと思うじゃないですか。2002年から20年が経過して、サッカー選手自身は成長しているけど、まだまだ成長の余地がある。2002年、日本代表って眩しかったなぁじゃダメで、今もこれからも眩しい存在でいなければならない」

今のチームなら眩しい日本代表を取り戻せる

 あの時の熱狂を知るだけに、宮本は今の日本代表を取り巻く“乾いた空気”に対して、危機感を感じているようだ。

「次のカタール・ワールドカップが大事だと思いますね。スポーツが持つ力は凄いし、一瞬であれだけ心が動かされるスポーツって、なかなかないじゃないですか。それが味わえるのがワールドカップであり、その瞬間というのを改めて知ってもらうには、カタール・ワールドカップはすごくいい機会だと思います」

 過去、日本代表がグループリーグを突破したW杯は例外なく盛り上がってきた。その中からスター選手も生まれている。02年の稲本潤一や宮本、10年南アフリカ大会の本田圭佑らだ。果たしてカタールW杯では、20年前のようにスター選手と眩しい日本代表を取り戻すことができるのだろうか。

「それができるのが、今の日本代表だと思う」

 宮本は、カタールW杯で“20年の進化”が見られるような日本代表の活躍を期待している。

■宮本恒靖 / Tsuneyasu Miyamoto

 1977年2月7日生まれ、大阪府出身。95年にガンバ大阪ユースからトップ昇格を果たし、1年目から出場機会を獲得。97年にはU-20日本代表主将としてワールドユースに出場する。シドニー五輪代表でもDF陣の中核を担うと、2000年にA代表デビュー。02年日韓W杯前は控えの立場だったが、ベルギー戦で森岡隆三が負傷したため緊急出場。鼻骨骨折した顔面を保護するフェイスガード姿が話題となり、「バットマン」と呼ばれて人気を博した。日韓W杯後に就任したジーコ監督からも信頼され、06年ドイツW杯にも出場。11年に現役引退後は、日本人の元プロサッカー選手で初めてFIFAマスターを取得した。古巣G大阪のトップチーム監督などを経て、現在は日本サッカー協会理事を務める。

(佐藤 俊 / Shun Sato)

佐藤 俊
1963年生まれ。青山学院大学経営学部を卒業後、出版社勤務を経て1993年にフリーランスとして独立。W杯や五輪を現地取材するなどサッカーを中心に追いながら、大学駅伝などの陸上競技や卓球、伝統芸能まで幅広く執筆する。『箱根0区を駆ける者たち』(幻冬舎)、『学ぶ人 宮本恒靖』(文藝春秋)、『越境フットボーラー』(角川書店)、『箱根奪取』(集英社)など著書多数。2019年からは自ら本格的にマラソンを始め、記録更新を追い求めている。

ジャンルで探す