松田直樹、奇妙で成熟した関係を築いたトルシエの追悼「直樹さん、君は他の誰とも違った」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年8月4日、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2002年日韓W杯トルコ戦で敗退し、松田直樹さん(背番号3)に声をかけるトルシエ氏【写真:L'EQUIPE/アフロ】

2002年日韓W杯トルコ戦で敗退し、松田直樹さん(背番号3)に声をかけるトルシエ氏【写真:L'EQUIPE/アフロ】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」11通目 フィリップ・トルシエ

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった19人の関係者が命日の8月4日まで連日、想いを明かす。第11回は元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏。2000年シドニー五輪、2002年日韓W杯で指導し、時に反発もされた元指揮官が明かす松田さんとの奇妙で成熟した関係とは。(構成=マイケル・チャーチ)

 ◇ ◇ ◇

 親愛なる天国の直樹さん。

 日本という国に初めて足を踏み入れた時から、代表監督の仕事が特別になると感じていた。そして、これまでの仕事とは全く異質なものになるとも分かっていた。

 当時の日本のフットボール界は依然として進化の序盤だった。才能や有望な選手は数多く存在したけれど、当時はサッカーの指導に関するマニュアルが存在しておらず、教育の必要があった。

 日本の選手たちは敬意にあふれている。監督の言葉に耳を傾け、尊敬する。規律正しく、連携も素晴らしい。それが日本社会の価値であるから。しかし、私の指導スタイルは真逆だった。

 日本のシステムに挑戦しようと思った。私のマネジメントスタイルはもっと直接的。フランクで、全てを対面式で行い、体をぶつけ合いながら指導したかった。メンタル的なアプローチをあえて採用せず、直接的なアプローチにいかに反応するのか、この部分で選手を評価していた。

 挑発し、接触することでいかに選手たちは反応するのか。これが私のメソッドだった。日本代表監督時代の序盤に指導した選手たちは、このやり方を尊重していた。

 しかし、直樹さん、君は違った。他の誰とも異なっていた。君は何も受け入れなかった。

 常にリアクションが返ってきたけれど、そこには私の指導やメソッドに対する納得は存在しなかった。ピッチ上ではネガティブな態度を一切示すことはなかったけれど、人間対人間、そして、男と男としては、私には分かっていたよ。この選手は別なんだ、と。

2001年コンフェデ杯、トルシエ監督の下で出場した当時の松田さん【写真:Getty Images】

2001年コンフェデ杯、トルシエ監督の下で出場した当時の松田さん【写真:Getty Images】

五輪予選で代表辞退、ドイツで言われた「この代表に選ばれたくない」

 五輪代表の最初期のメンバーには入っていなかったけれど、すぐにチームの一部となった。プレーを見て、すぐに興味深いと思った。強烈なフィジカルを持ちながらも、明晰さも兼ね備えている。君を選ぶことは簡単な選択肢だった。

 1999年のカザフスタンとの五輪予選を前に、我々はドイツのシュヴァルツヴァルトでキャンプを行った。この時に、君は私に向かってこう言った。「この代表メンバーに選ばれたくないんだ」と。私は落胆したものだ。そして、心をかき乱された。

 もちろん、私は君の選択を受け入れる以外になかった。だが、心の中では、そして、魂の部分では、君を選ばないということは不可能だった。代表辞退を受け入れざるを得なかったが、これは止むを得ないことだった。だから、私もポジティブに反応する以外になかった。

「君の決断は理解した。だが、決断を翻すことを期待している」と君には伝えたものだ。

 代表辞退という行為に、個人的には否定的な感覚はなかった。とにかく、私は君の個性を気に入っていた。日本を愛しているにも関わらず、代表入りを拒否する。その事実に関して、個性の表出という一点で私は嬉しかった。イラつき、落胆もしたが、それは君の個性に対してではない。

 この男は他とは違うと悟った瞬間でもあった。五輪代表とA代表で、君は私にとってスペシャルな選手だった。我々の関係はあまりに奇妙だったと思う。身近な存在になれたが、代表辞退があった後に特別な関係になったのだから。この男を諦めることはできないとも感じた。

 代表という集団には様々な個性が必要だ。直樹さんのような反応を私は愛した。私の求める組織とは活発で躍動感を意味しており、油断や停滞は存在しない。他のメンバーは当時あまりに若く、若手は私を少し恐れていたかもしれない。あるいは、あまりに敬意を払っていたのだろうか。

 しかし、君は全くお構いなしだった。ただ、君に対するマネジメントは難しくなかった。そして、楽しみでもあった。我々の関係性は成熟した大人の関係だったと思う。ヨーロッパ的な関係だ。

 代表監督の初期、私と他の選手の関係は教師と生徒だった。私は3-5-2システムを植え付ける過程において、選手に自由を与えなかった。私はすべきことを伝え、交響楽団の指揮者のような役割。選手を導き、何をすべきか、どう実践すべきかを伝えた。

 監督が教師であるなら、監督は選手を大人としてみなすことはない。眼に映る姿は生徒でしかない。だが、直樹さん、私たちの関係性はかなり熟成したものだったと言える。

 余裕がある。流動的で、尊敬もある。君との間で揉めごとは一切思い出せない。私が頼りとし、事象を共有できる人間でもあり、アドバイスを求めることもできる存在だった。常に、君には信頼を寄せていたんだ。

現在はフランス南西部サンテミリオンでワイン園を運営するトルシエ氏、高級赤ワイン「ソルベニ」は深い味わいで評価が高い【写真:本人提供】

現在はフランス南西部サンテミリオンでワイン園を運営するトルシエ氏、高級赤ワイン「ソルベニ」は深い味わいで評価が高い【写真:本人提供】

感動的だった日韓W杯「このプロセスを共に歩めたことは誇り」

 私の目標は選手が才能を開花させた未来図を示すこと。我々の代表チームには偉大なことを成し遂げるポテンシャルがあった。

 しかし、チームには様々な理由でこのエネルギーを引き出す鍵が存在しなかった。政治、社会、そして、文化。この境界を破壊したかった。時には青信号ではなくても歩みを進めてもいいのだ、と。誰もが右に進んでも、確信を持って左を選んでいいのだ、と。

 W杯で戦いたければ、日本社会に存在する境界線を破壊しなければいけなかった。それこそが、私たちが2002年に達成したことだ。我々の躍進に対する人々の喜ぶ様ときたら。大阪の川に飛び込む人たちもいたくらいなのだから。あまりに感動的だったよ。

 このプロセスを君と共に歩めたことは本当に誇りに思っている。

 そして、直樹さん。君と一緒に仕事ができたことも大きな誇りだ。我々が共に成し遂げたことはあまりに大きかった。君のような人間が、強烈な個性と人格を持った選手がいなければ、W杯で成功できなかっただけでなく、日本サッカー界の未来の世代への変化をもたらすこともできなかった。

 君には感謝しかない。

 そして、我々すべてが、感謝すべき男なのだ。

 シドニー五輪、日韓W杯日本代表監督

 フィリップ・トルシエ(マイケル・チャーチ / Michael Church)

ジャンルで探す