緊急宣言とまん延防止 9月30日で解除へ

3連勝日本、ガチンコ決勝Tの鍵は「2列目の左」 松井大輔「個で打開できる選手が最適」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。初戦の南アフリカ、第2戦のメキシコを破ったサッカー男子日本代表は28日、フランスと対戦し、4-0と圧勝。今大会、唯一の3連勝でグループリーグ突破を決めた。2004年のアテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

3連勝でグループリーグ突破を決めたサッカー男子日本代表【写真:Getty Images】

3連勝でグループリーグ突破を決めたサッカー男子日本代表【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#33

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。初戦の南アフリカ、第2戦のメキシコを破ったサッカー男子日本代表は28日、フランスと対戦し、4-0と圧勝。今大会、唯一の3連勝でグループリーグ突破を決めた。2004年のアテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 フランスを相手に4-0。まさに文句のつけようのないパーフェクトゲームでした。

 この試合に臨むにあたり、まず初戦の南アフリカ戦に勝利し、続いて難敵のメキシコにも勝って連勝できていたことが大きかった。それによってチームに勢いが生まれ、選手個々に自信がみなぎっていました。ワールドカップやオリンピックといった短期決戦で良い結果を収めるには勢いという要素が欠かせません。その勢いをもたらすのが、選手個々の自信に満ちあふれた姿勢です。

 どの試合も安定した守備を意識して臨み、相手のプレッシャーを受けながらもしっかりとビルドアップし、前線ではコンビネーションでチャンスを作る。すべての試合で早い時間帯に先制していることも含めて、試合運びにも隙がありません。ホスト国の強さからさらに進化し、王者の風格すら漂うグループリーグ3連勝でした。

 3試合連続ゴールの久保建英選手は、すごいの一言。今までも“うまい選手”でしたが、こうして結果を残していくことで“素晴らしい選手”に進化していきます。期待と注目度が高いために活躍できなかった時には厳しい指摘や論調にさらされてしまうかもしれませんが、目に見える結果を残して日本を勝利に導くことで周りの口を塞ぐような活躍を見せてくれています。

 特に、堂安律選手とのコンビネーションが試合を重ねるごとに向上している印象です。本大会直前の親善試合(対U-24スペイン戦)では久保選手のアシストから堂安選手がゴールを決め、反対にメキシコ戦では堂安選手のラストパスから久保選手がゴールネットを揺らした。もともと能力の高い二人がしっかりと融合し、連係がさらに深まっているのは日本にとって心強い材料です。

 今大会初先発の上田綺世選手も良いパフォーマンスを見せてくれました。過去2戦での林大地選手と同じように前線でしっかりとボールが収まり、そこに2列目の選手たちが絡んでいくことで日本の攻撃に迫力が出る。2人ともゴールが欲しい状況で本人たちはモヤモヤしているかもしれませんが、今のプレーを続けた先にゴールがあるはず。決勝トーナメント以降、どちらが1トップで起用されても安心して見ていられます。

自信と余裕が生まれた日本代表「メダル獲得の可能性はかなり高い」

 フランス戦であえて課題を挙げるとすれば、酒井宏樹選手が通算2枚目の警告を受けてしまったことだけでしょう。それ以外は主力選手の温存や次のラウンドを見据えた選手起用や配置変更など、この試合での勝利を目指すと同時にできる限りの準備も整えられた。森保一監督のマネジメントと選手のパフォーマンスの両方が素晴らしかったです。

 どの国、チームも勝利を重ねることで自信と余裕が生まれます。例えば、次の試合で1点を先制されても「自分たちのプレーをすれば巻き返せる」という精神状態を保てる。もし相手に主導権を握られる時間帯になっても「やらせておいて問題ないよ」と涼しい顔で構えていられる。いい形で連勝して積み上げてきた自信は、第3戦のフランス戦を4-0で勝ったことで、さらに2~3倍に膨れ上がっていると思います。

 決勝トーナメントは言うまでもなく一発勝負なので、力を出し惜しみすることなくガチンコで勝利だけを目指す戦いになります。そこで重要なのは調子の良い選手を起用することでしょう。

 例えば、久保選手は誰がどう見ても絶好調でノリに乗っています。ここは素直に久保選手にボールを集め、フィニッシャーとして引き続き能力を発揮してもらう形がベストです。堂安選手と近い距離でプレーさせるためにも、2列目の左には個で打開できる選手を配置するのが最適なバランスだと感じます。

 守備に関しては、吉田麻也選手と冨安健洋選手の両センターバックがチームに落ち着きをもたらし、その前方の遠藤航選手と田中碧選手も素晴らしい働きを見せています。後ろの選手があれだけ落ち着いてプレーしてくれていれば、前線の選手はオフェンスに専念できるはず。これはオーバーエイジを選ぶ段階からしっかりとしたビジョンを持っていた賜物だと思います。

 油断は禁物ですが、今のチーム状態を考えるとメダルを獲得できる可能性はかなり高いはず。1968年のメキシコ五輪以来となるサッカー男子のメダル獲得を成し遂げるとしたら、この東京五輪しかありません。選手たちにはしっかりリカバリーしてもらい、31日のニュージーランド戦ではメダルにさらに近づく勝利を手にしてもらいたい。(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

ジャンルで探す