各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

「0-0」の71分間に感じた日本サッカーの進化 松井大輔「相撲に例えるなら寄り切り」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。23日の開会式を前に22日に行われた男子サッカー初戦、日本代表は南アフリカと対戦し、後半26分に久保建英のゴールで1-0と勝利した。71分間のスコアレスをこじ開け、白星発進した日本。アテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

日本代表は南アフリカと対戦し、1-0で勝利した【写真:Getty Images】

日本代表は南アフリカと対戦し、1-0で勝利した【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#3

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、五輪を通して得られる多様な“見方”を随時発信する。23日の開会式を前に22日に行われた男子サッカー初戦、日本代表は南アフリカと対戦し、後半26分に久保建英のゴールで1-0と勝利した。71分間のスコアレスをこじ開け、白星発進した日本。アテネ五輪で10番を背負った元日本代表MF松井大輔(サイゴンFC)はこの試合にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 国際大会における初戦の重要性はあらためて述べるまでもないでしょう。特に今大会は中2日でグループリーグ3試合を戦う厳しい日程で、初戦を落としてしまうと狂った歯車を戻すのが難しくなります。

 だから最も重要なのは初戦で勝利し、勝ち点3を得ること。5-0で大勝すれば日本全体がさらに盛り上がるかもしれませんが、少ない点差でもしっかりと勝つことがグループリーグ突破やその先につながります。その意味で、南アフリカ戦を1-0で勝利したことはとても前向きな結果と言えます。

 内容面でも日本のボール保持率は60%を超え、常に格上の戦いをしていたので安心して見ていられました。先発メンバーはGKの谷晃生選手と1トップに入った林大地選手を除く9選手が海外組(田中碧はドイツ2部デュッセルドルフ移籍を発表済み)で経験豊富ということもあってか、自信を持って堂々と戦えていました。

 そして2列目に左利きの選手が3人並ぶ布陣は興味深かった。中央の久保建英選手と右サイドの堂安律選手は頻繁にポジションチェンジを繰り返し、2人のパス交換から惜しいシーンを作り出していました。少し前の日本代表で本田圭佑選手と香川真司選手が近い距離で絡み、相手の守備網を突破していった場面を思い出しました。

 今回はそこに三好康児選手も加わり、さらに流動性が増していたように感じます。ただ久保選手や堂安選手は右サイドにいる場面ではどうしてもカットインするプレーが多くなり、左サイドの三好選手は縦に突破するよりも中央に入ってからのコンビネーションが得意な選手。今後は単独で縦に突破できるタイプの選手を組み込むことで攻撃のバリエーションが格段に増えるはずです。

 実際に、後半途中から相馬勇紀選手が左サイドに入ったことで2列目の交通渋滞が解消され、スペースを有効活用できるようになりました。第2戦以降は南アフリカ戦でメンバー外だった三笘薫選手が入っても面白いでしょう。個々の能力は間違いなく高いだけに、森保一監督の起用法や選手交代が楽しみになりました。

 そして決勝ゴールを叩き込んだ久保選手について触れないわけにはいきません。サイドチェンジからフリーでボールを受け、カットインから左足を振り抜く。形だけで言えばセオリー通りですが、あの精度できっちりと決め切ることが素晴らしい。フィニッシャーとしても超一流で、文句のつけようのないワンプレーでした。

左SBに誰を起用していくのかは課題 その解消が今後のポイントに

 次戦以降に向けた修正点を挙げるとすれば、後半に左サイドを2回くらい突破されてピンチを招いた点でしょうか。旗手怜央選手が投入されている時間帯でしたが、彼は左サイドバックが本職の選手ではありません。それでも所属する川崎フロンターレでは無難にこなせているので能力の高さに疑いの余地はないのですが、代表チームでは普段と微妙にバランスが違うのかもしれません。

 今後、左サイドバックに誰を起用していくのかという課題は残りました。ただ、試合中に見せた森保監督の動きはとても素早く、鹿島アントラーズで試合経験を積んでいる町田浩樹選手を投入することで左サイドに蓋をした。そのあたりの対応力や柔軟性は日本が今後勝ち上がっていくためのポイントかもしれません。

 サッカーに完璧な試合はほぼありません。課題は常にありますし、勝ちながら反省と修正していくことでチームが強くなります。対戦相手のレベルや状況を差し引いても、初戦の日本は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと思います。

 僕が出場したアテネ五輪では、海外組がオーバーエイジの小野伸二くんだけで初戦から浮き足立ってしまい、余裕がありませんでした。それが今大会の日本は0-0の時間帯でも焦れずに自分たちのサッカーに徹し、相撲に例えるならば最後はしっかりと寄り切り勝ちした。17年も経っているので当然かもしれませんが、日本サッカーは確実に進化している。それをしっかりと証明してくれた初戦だったと思います。

 だからこそ相手のレベルが上がる第2戦のメキシコ戦が楽しみです。グループリーグ突破のためには引き分け以上の結果がほしいですが、メダル獲得に少しでも近づきたいのならば勝利が必要。2連勝でグループリーグ突破を決めて第3戦で選手をターンオーバーするのが理想だからです。

 繰り返しになりますが、日本サッカーのレベルは確実に上がっています。ただ周りの国も同じように強くなっていると思うので、さらに大きな向上心や探求心を持って戦い続けてほしい。メキシコやフランスのように個の能力が高い相手に1対1でどれだけ戦えるかが勝敗を左右する大きなポイントになるはずです。(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

ジャンルで探す