久保建英、衝撃スーパーミドル弾に現地絶賛の嵐 リーガ初弾は「10代の輝かしい出発」

海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が衝撃のリーガ初ゴールを挙げた。10日のビジャレアル戦に先発出場。後半8分にエリアの外でボールを受けると、左足でスーパーミドル弾をゴール右隅に叩き込んだ。至宝のメモリアルゴールを地元紙も「才能あふれる10代の輝かしい出発」と絶賛している。

久保建英【写真:Getty images】

久保建英【写真:Getty images】

ビジャレアル戦に先発、後半8分にエリア外から左足一閃

 海外サッカー、スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が衝撃のリーガ初ゴールを挙げた。10日のビジャレアル戦に先発出場。後半8分にエリアの外でボールを受けると、左足でスーパーミドル弾をゴール右隅に叩き込んだ。至宝のメモリアルゴールを地元紙も「才能あふれる10代の輝かしい出発」と絶賛している。

 その瞬間がやってきたのは、2-1とリードして迎えた後半8分だ。左サイドからのパスを、ペナルティエリアのやや外で受けた久保。右足でボールを止め、コントロールすると迷わずに左足を振り抜いた。

 ディフェンスの寄せも間に合わない。糸を引くような弾道のシュートは、ゴールの右隅に突き刺さった。ホームの観衆も大器の記念すべき一撃に立ち上がって沸き立った。

 スペイン紙「as」も「レアル・マドリードからのレンタル選手タケフサ・クボが素晴らしいラ・リーガでの最初のゴールをマジョルカで決める」と見出しを打って大きく報じている。記事では久保のリーガ初弾をこう評している。

「もしラ・リーガでの最初のゴールを決めるのであれば、どうせなら格好よくやった方がいい。その通りの事を今日の午後、タケフサ・クボはビジャレアル戦でマジョルカにとって3本目のゴールでやってのけた」

記念すべき初ゴールは「ビジャレアルを動揺させた」

 さらに美しく決めたゴールについては「この18歳の選手は、ペナルティエリア端からこぼれたボールをワンタッチでコントロールし、強烈な左足からのシュートをセルヒオ・アセンホの届かない手を超えてポスト内に決めた」と細かくレポート。「クボのサンダーボールがマジョルカの勝利を確実にした」と称えている。

「若い年齢に関わらず、クボは自信に満ち溢れソン・モイシュ(マジョルカのホーム)でビジャレアルを動揺させた」「クボは66分に拍手に送られながら、ジョセップ・セネと交代となった。この日はファミリーアルバムに飾られるべき才能あふれる10代の輝かしい出発となった」

 記事ではこのように賛辞を並べ、久保の記念すべきゴールを祝福。さらには本人の「大きな夢がかないました」というコメントも紹介している。

 開幕直前にレアル・マドリードからマジョルカへと期限付き移籍した久保。この日は2本のPKも演出するなど、3-1の快勝に大きく貢献した。待望の初ゴールとともに、チームでの存在感も増していくことになりそうだ。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す