日本、敗戦後の美ロッカーに“紳士の国”が絶賛の嵐「品格と威厳」「W杯再現した」

サッカーのアジア杯決勝は1日、日本がカタールに1-3で敗戦。2大会ぶり5度目の優勝を逃したが、試合後のロッカールームが話題を呼んでいる。ゴミ一つ残さず、綺麗に掃除され、ホワイトボードにはアラビア語などで「ありがとう」と文字を残した。W杯ロシア大会を彷彿とさせる実際の写真を大会公式ツイッターが公開したことで反響が広がっていたが、海外メディアも続々反応。特に“紳士の国”英国で「品格と威厳示した」「W杯を再現した」と喝采が広がっている。

日本がカタール戦後に見せた行動に称賛が集まっている【写真:Getty Images】

日本がカタール戦後に見せた行動に称賛が集まっている【写真:Getty Images】

大会公式が公開した画像に英メディアが熱視線「染みのないロッカールーム残す」

 サッカーのアジア杯決勝は1日、日本がカタールに1-3で敗戦。2大会ぶり5度目の優勝を逃したが、試合後のロッカールームが話題を呼んでいる。ゴミ一つ残さず、綺麗に掃除され、ホワイトボードにはアラビア語などで「ありがとう」と文字を残した。W杯ロシア大会を彷彿とさせる実際の写真を大会公式ツイッターが公開したことで反響が広がっていたが、海外メディアも続々反応。特に“紳士の国”英国で「品格と威厳示した」「W杯を再現した」と喝采が広がっている。

 敗者の日本が残した振る舞いが“紳士の国”で熱視線を浴びている。きっかけは大会公式ツイッターが公開した1枚の画像だった。ガランとしたロッカールーム。しかし、よく見るとハンガーは綺麗にかけられ、テーブルの上にはタオルが綺麗に畳まれて置かれている。床にはゴミ一つ残っていない。ホワイトボードにはアラビア語、英語、日本語で「ありがとう」と謝意を示している。

 投稿では「日本はロッカーをゴミ一つなく綺麗にした上、お礼のメッセージを英語、アラビア語、日本語で書き残し、アジア杯を後にした」と称賛とともに画像を公開した。目の当たりにした海外ファンも「日本の選手とファンが大好き」「これがサムライの道だ」などとコメント欄で感激の声を上げていたが、W杯ロシア大会を思い起こさせる行動に英メディアが続々と反応している。

W杯再現を称賛「美しいロッカールームで思慮深さを示した」

 英紙「テレグラフ」は「日本がアジアカップ決勝のロッカールームを清潔にし、感謝の言葉を残す。ワールドカップでの振る舞いを再現」と見出しを打ち、「日本がドレッシングルームを去る際に品格と威厳を示して称賛された」とレポート。英紙「デイリー・メール」は「日本はアジアカップ決勝でのカタール敗戦後、ロッカールームに汚れひとつ残さず、ワールドカップでの行いを再現した」と報じた。 

 さらに、英紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」は「日本がアジアカップ決勝で染み一つないロッカールームを残し、ワールドカップを再現する」とW杯ロシア大会を引き合いに出し、「日本はカタール戦での衝撃の敗戦に落胆したかもしれない。しかし試合後にはロッカールームに汚れひとつ残さず、チームは多大な称賛を受けた。」と敗れながら変わらずに貫いた品格に拍手を送った。 

 イギリスといえば“紳士の国”として知られる。そうした歴史と文化のある国だからこそ、日本代表が示した姿は反響を呼んでいるのかもしれない。(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す