サッカー=レアルが久保建英獲得を発表、「非常に才能あるMF」

[東京 14日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードは14日、J1のFC東京から日本代表MF久保建英(18)を獲得したと発表した。

金銭面での詳細は明かされていないが、スペイン紙「マルカ」によると、レアルは移籍金として200万ユーロ(約2億4400万円)をFC東京に支払い、久保とは5年契約が見込まれている。

レアルは公式ウェブサイトの声明で、久保が来季に同クラブのリザーブチームであるカスティージャでプレーすることを発表し、久保について「テクニックに恵まれ、非常に才能のある攻撃的MF」と称賛した。

久保は2011年に10歳でスペイン強豪バルセロナのアカデミーに加入。「和製メッシ」と呼ばれて将来性が期待されていたが、バルセロナが18歳以下の選手の国際移籍や登録を禁止する規約に違反にしたとして、国際サッカー連盟(FIFA)から処分を受けたため、15年に日本に帰国した。

17年にFC東京でトップチームデビューを果たし、昨季は途中からJ1横浜に期限付きで移籍。代表では今季初旬に行われた国際親善試合のエルサルバドル戦でフル代表デビューを果たし、現在は南米選手権のためブラジルで代表チームに帯同している。

ジャンルで探す