4都府県の緊急事態宣言延長 愛知・福岡も追加

C・ロナウドが古巣スポルティングに復帰、2年後引退説が浮上

母国復帰説が浮上したC・ロナウド(ロイター)

 イタリア1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)が古巣のポルトガル1部スポルティングに移籍する予定と、同国紙「レコルド」が報じている。

 ユベントスと2022年6月末まで契約のあるC・ロナウドは、この夏の移籍がささやかれており、すでに古巣のイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドや資金力には定評のあるフランス1部パリ・サンジェルマン入りが有力と各メディアで報じられている。

 ただ、同紙の情報をもとに、スペイン紙「ムンドデポルティボ」が報じたところによると、C・ロナウドはユベントスとの契約満了となる来シーズンまでプレーし、その後に03年まで所属した古巣のスポルティングに復帰。2シーズンを過ごし、そのまま現役を引退することを希望しているという。

 かねてC・ロナウドの母ドロレス・アベイラさんも息子のポルトガル帰還を熱望していたように、キャリアの最後は母国で過ごすことを考えているというわけだ。

 一方でユベントスの深刻な財政難や、リーグ4位以内となる来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権の獲得状況もあって、その去就は不透明とも各メディアで報じられている。世界最高ストライカーがどんな決断を下すのか。動向が注目される。

ジャンルで探す