緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

「本田圭佑が次戦で初の先発出場できるのは…有力スポンサー〝ゴリ押し〟のおかげ」地元紙報道

MF本田圭佑

 アゼルバイジャン1部ネフチ・バクーの元日本代表MF本田圭佑(34)が10日に敵地で対戦するカバラ戦に有力スポンサーの〝ゴリ押し〟で先発出場すると、地元メディアの「SPORTiNFO」が報じた。

 本田は4日のスムガイド戦で後半から出場し、同リーグでデビューを果たすも見せ場なく、チームも0―2で敗戦。同国メディアは「スプートニクアゼルバイジャン」は「デビューは失敗し、ネフチは首位から陥落」と失格のらく印を押し「アゼリスポーツ」は「日本のMFは体の状態を上げる必要があることを露呈した」と報じるなど、各メディアが酷評した。

 ネフチ・バクーを指揮するサミル・アッバソフ監督も「本田について話したくない。悲しい試合だった」とコメントしていたが、それでもスタメンに抜てきされるのは、強力なスポンサー筋からの猛プッシュを受けたことが理由だという。

「SOPRTiNFO」によると「日本のMFはデビュー戦に不満を持っていた。SOCARメンバーとの会話で〝ほとんどチャンスがなかった〟と主張した」とし「元アジアのスターは〝物理的にもっとプレーする準備ができていてチームをリードしたい〟と(SOCARに)言った」と伝えている。

 SOCARはクラブスポンサーでアゼルバイジャン国営石油会社のことだが、同メディアは「アッバソフ監督は石油会社から指示を受けた。したがって、彼はカバラとのアウェーマッチで先発に入ることが期待されている」と伝えている。

ジャンルで探す