沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

【欧州サッカー】メッシがピケの投資会社に100万ポンドを投資

バルセロナでプレーするピケ(左)とメッシ(ロイター)

 スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がチームメートでスペイン代表DFジェラール・ピケ(34)の会社に100万ポンド(約1億5000万円)を投資していると、英紙「デーリースター」が伝えた。

 ピケは2017年に友人とともに投資会社「コスモスホールディングス」を設立。主にテニスのデビスカップをサポートしており、国際テニス連盟と25年間で30億ドル(約3200億円)の契約を締結。19年にはメッシも「コスモスHD」に投資したという。ピケは当時「レオはコスモスに関わっているため、これについてよく知っています。彼はパートナーでコスモスの一員であり、テニスが好きです」とコメントしたという。

 また、同紙によると、メッシらの投資を受けている「コスモスHD」は2018年に実質スペイン5部のアンドラFCも買収。ピケ自身が株の過半数を取得し、今季までに3部昇格を果たしたように、実績を上げている。同社の事業は順調で年間何百万ドルもの利益を上げているという。

 元日本代表MF本田圭佑(34)も積極的に投資を行っていることで知らていれるが、世界トップの選手もプレーと同じように〝財テク〟に懸命なようだ。

ジャンルで探す