【欧州CL】ポルトがローマを下し準々決勝へ

PKを蹴るテレス(左=ロイター)

【ポルトガル・ポルト6日発】】欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦、激闘を制したのはポルト(ポルトガル)だった。第1戦を1―2としたポルトは本拠地でローマ(イタリア)と対戦した。90分を終えて2―1と2戦合計3―3の同点となり、延長戦に突入。その延長後半9分にぺナルティーエリア内でフェルナンドが敵DFに倒されると、VAR判定の結果、PKを獲得。12分にDFアレックス・テレス(26)が冷静に決めた。

 逆に延長後半アディショナルタイムにはローマの選手がエリア内で倒れて再びVARも判定はノーファウル。ポルトが3―1とし、2戦合計4ー3で4季ぶりの準々決勝進出を果たした。

ジャンルで探す