大谷翔平、注目の移籍先はあの球団!? 米メディアが選出「もし取引が成立すれば…」【海外の反応】

Getty Images

大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平選手は契約最終年を迎えており、今オフにフリーエージェント(FA)となる。二刀流として球界を席巻する大谷の移籍先は、予想が絶えない状況だ。米メディア『NESN』のティム・クローリー記者は、ボストン・レッドソックスへの移籍に注目している。

 

 
 3度のオールスター、2018年の新人王、そして2021年のアメリカン・リーグMVPを獲得した二刀流の大谷は、今オフのFA市場では再注目の選手だ。右肘の手術によって来季の登板は望めないものの、2025年の二刀流復帰と打者としての圧倒的な能力によって過去最高金額での契約を結ぶ可能性がある。
 

 
 アナリストによると移籍先の候補はニューヨーク・メッツやボストン・レッドソックス、シカゴ・カブス、テキサス・レンジャーズ、ロサンゼルス・ドジャース、サンフランシスコ・ジャイアンツ、シアトル・マリナーズの7球団があげられている。
 
 クローリー氏は「前代未聞の入札合戦をレッドソックスが制するかどうかが注目点だろう」とし、続けて「もし取引が成立すれば、レッドソックスの打撃陣に厚みが増し、最終的には質の高い先発投手を必要としている投手陣に加わることになる」と期待している。
 

 
【了】

ジャンルで探す