大谷翔平&トラウト、移籍先で再共演!? 米紙が予想「トップにあるチームは…」【海外の反応】

Getty Images

大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスとの契約延長に目処が立っていない大谷翔平選手は、今季終了後にフリーエージェント(FA)になる可能性がある。同選手と同じく、マイク・トラウト外野手もエンゼルス退団が噂される選手の一人だ。いずれの選手も、予想される移籍先候補の上位はほぼ同じであると、米紙『オールバニ・ヘラルド』が報じている。

 

 
 大谷は右肘の内側側副靭帯(UCL)の手術によって登板不可になったが、依然として他球団と巨額の契約金を結ぶとの見方が強い。移籍先候補の筆頭はロサンゼルス・ドジャースで、他にはサンディエゴ・パドレスやサンフランシスコ・ジャイアンツ、ニューヨーク・メッツやニューヨーク・ヤンキースなどの名前が挙がっている。
 

 
 同メディアは、トラウトが2024年に他球団でプレーする確率は64.3%あると伝え、同選手の移籍先オッズではドジャースが首位だと報じた。2位以下は、ジャイアンツメッツパドレスヤンキースの順番で並んでおり「このリストのトップにあるチームは、このオフシーズンに大谷を獲得するのに有利なチームと同じだ」とし、「トラウトの次のチームのオッズも、西海岸のチームが有利」と綴っている。
 

 
【了】

ジャンルで探す