大谷翔平、エンゼルス残留の可能性はゼロ!? 米メディアが断言「チームのことなど気にしていない」【海外の反応】

Getty Images

大谷翔平 最新情報

 大谷翔平選手が今季終了後、フリーエージェント(FA)になって他球団へ移籍するのを防ぐため、近いうちにロサンゼルス・エンゼルスが契約延長に向けた交渉を本格化させるかもしれない。しかし、米メディア『ファウル・テリトリー 』は、同選手がエンゼルスに残留する可能性はないと断言した。

 

 
 エンゼルスは大谷とマイク・トラウト外野手の2大スターを擁しながらも、8年連続でプレーオフ進出を逃している。今季は6月に2位浮上した時期もあったが、トレード期限から7連敗を喫するなど、最終的にア・リーグ西地区4位に低迷。またしても、プレーオフ進出を逃す結果となった。大谷を引き留めるのに使えそうな好材料はなく、今季終了後に退団するとの見方が強くなっている。
 

 
 同メディアは「大谷がエンゼルスに残る可能性はゼロだ。彼はもうチームのことなど気にしていないと思う。すでにエンゼルスと大谷は同じ考えではないはずだ」と報じ、移籍濃厚との見解を示した。2023シーズンが、大谷がエンゼルスでプレーする最後の年になるかもしれない。
 

 
【了】

ジャンルで探す