大谷翔平のFA争奪戦、獲得失敗の代替案に!? 米メディアが見解「手を引くとしたら…」【海外の反応】

Getty Images

大谷翔平 最新情報

 大谷翔平選手はロサンゼルス・エンゼルスと契約延長しない限り、今季終了後にフリーエージェント(FA)になる。それに先駆けて様々な移籍先候補が挙げられているが、その中でもロサンゼルス・ドジャースが移籍先の最有力と考えられている。しかし、ドジャースが同選手の獲得を逃した場合、ターゲットをマイク・トラウト外野手に切り替えるかもしれない。米メディア『ドジャースウェイ』が報じている。

 

 
 二刀流として活躍する大谷の契約金は、これまで史上最高額の5億ドル(約732億7000万円)以上になると予想されていた。そのため、ドジャースやニューヨーク・メッツなど金満球団が同選手を獲得する可能性が高いと見られている。しかし、同選手が右肘の肘内側側副靭帯(UCL)を断裂したことにより、当分の間は登板できなくなったため、予想されていたほどの契約金にならないかもしれない。そうなれば、移籍先候補として挙げられることがなかった球団も、同選手の争奪戦に参加することが考えられる。
 

 
 同メディアは「もし、ドジャースが争奪戦に負けたら?あるいは、自分たちが納得できる価格帯を超えて、手を引くとしたら?大谷のチームメイトであるトラウトは、コンティンジェンシープランになり得るだろうか?」と疑問を投げかけ、ドジャースが大谷の獲得を逃した場合に、トラウトの獲得に動くかどうかについて論じた。結論としては「おそらく最も有望な選択肢ではない。有利な状況があれば模索する価値はあるが、ドジャースの現時点での最大のニーズは投手であるため、トラウトの獲得は必ずしもドジャースを新たな高みへと昇華させるものではないだろう」と報じている。
 

 
【了】

ジャンルで探す