筒香嘉智、連敗脱出の立役者に! 4番起用に応える決勝2点タイムリーツーベース、鈴木誠也は無安打も1打点

Getty Images

筒香嘉智 鈴木誠也 最新ニュース(最新情報)

 ピッツバーグ・パイレーツの筒香嘉智内野手は、21日(日本時間22日)、敵地で行われたシカゴ・カブス戦に「4番・一塁」でスタメン出場。決勝打となる2点適時二塁打を放ち、チームを勝利に導いた。

 

 
 4番の仕事を果たし、連敗中のチームを救った。
 
 筒香は1点ビハインドの5回、2死満塁の絶好機で第3打席に立ち、右腕イーサン・ロバーツ投手と対戦。簡単に追い込まれたが、2球連続ファウルと食らいつく。そして1ボール2ストライクで迎えた6球目、94マイル(151キロ)のカットボールを弾き返すと、打球はレフト線への逆転2点タイムリーツーベース。この一打が決勝点となった。
 
 この日の筒香は、5打数1安打2打点(二ゴロ、一併殺、左2、二併殺、空三振)の成績。打率.195、OPS.534(出塁率.314+長打率.220)となっている。
 
 一方、シカゴ・カブス鈴木誠也外野手は、「2番・指名打者(DH)」でスタメン出場。三ゴロの間に打点をあげるも、安打は生まれなかった。
 
 この日の鈴木は、4打数無安打1打点(見三振、三ゴロ、空三振、空三振)に倒れ、3試合連続で無安打が続いている。今季成績は打率.343、OPS1.263(出塁率.520+長打率.743)となっている。

 試合は、パイレーツが4-3で勝利。連敗を3でストップした。

【動画】筒香嘉智が4番の仕事 決勝2点タイムリーツーベース!

パイレーツの公式Twitterより

ジャンルで探す