アスレチックス、序盤のリード守り日本ハムに快勝! 本塁打王の4番デービスは2安打2打点

Getty Images

投げては「ブルペンデー」で継投がハマる

<オークランド・アスレチックス 5―1 北海道日本ハムファイターズ>
 
 アスレチックスが「2019 MGM MLB 開幕戦プレシーズンゲーム」で北海道日本ハムファイターズに5-1で勝利。序盤の集中打で挙げた得点を最後まで守り切った。
 
 アスレチックスは初回、無死満塁のチャンスで昨季メジャー最多の48本塁打を放った4番クリス・デービス外野手の内野ゴロの間に1点を先制。3回にはデービスのタイムリー二塁打に始まり、スティーブン・ピスコッティ外野手、ジュリクソン・プロファー内野手と3者連続タイムリーで一挙3点を追加し4-0とリードを広げた。
 
 投げては、リリーフ投手が先発から抑えまでを継投する「ブルペンデー」を採用して、先発のリアム・ヘンドリクス投手から5番手のライアン・バックター投手まで無失点リレー。6番手のユスメイロ・ペティート投手が7回に淺間大基外野手にタイムリー安打を浴びて1失点を喫したが、味方打線が9回に1点を挙げてダメ押し。再び4点差として試合を決めた。
 
 一方、日本ハムは先発の有原航平投手が4四球、7安打と乱調で4失点。2番手で登板した金子弌大投手が4回を投げて9奪三振を記録するなど好投したが、打線がアスレチックスの継投を最後まで攻略することができなかった。

ジャンルで探す