MLB日本開幕戦、両軍OBの超豪華始球式が実現へ マ軍は佐々木氏&城島氏&グリフィー氏

Getty Images

アスレチックスからは藪氏、岩村氏、ヘンダーソン氏

 MLB機構は、シアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスの開幕戦シリーズ(20日~21日、東京ドーム)の始球式を務める人物を発表した。米公式サイト『MLB.com』が12日(日本時間13日)、伝えている。
 
 20日の第1戦には、シアトル・マリナーズのOBである佐々木主浩氏と城島健司氏がバッテリーを組む。またその際には打席にメジャー歴代1位となる1406盗塁を記録したアスレチックスOBのリッキー・ヘンダーソン氏が入る。
 
 そして21日の第2戦は、いずれもアスレチックスOBの藪恵壹氏と岩村明憲氏がそれぞれ投手と捕手を務める。打席には、マリナーズOBでメジャー歴代7位の通算630本塁打を放ったケン・グリフィーJr.氏が入ることになった。
 
 また、17日にエキシビジョンマッチとして行われる読売ジャイアンツ対マリナーズではピッツバーグ・パイレーツOBの桑田真澄氏、北海道日本ハムファイターズアスレチックスでは日本人初のメジャーリーガーとなったサンフランシスコ・ジャイアンツOBの村上雅則氏がそれぞれ始球式を務めることも発表されている。
 
 2012年以来7年ぶりに日本で開催される同カードの開幕戦。メジャーに歴史を刻んだ豪華メンバーによる始球式で、いよいよ2019年シーズンが始まる。

ジャンルで探す