石毛博史、ドラフト外の肖像#3 突然のトレード&阪神テスト入団「野球馬鹿は、プロ野球で通じない」

日本プロ野球では1965年にドラフト制度導入後も、ドラフト会議で指名されなかった選手を対象にスカウトなどの球団関係者が対象選手と直接交渉して入団させる「ドラフト外入団」が認められていた。本連載ではそんな「ドラフト外」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。

田崎健太

フォークのように落ちたスライダー

 石毛の才能が花開いたのは翌92年シーズンだった。52試合に登板、5勝3敗16セーブ、防御率1.32という好成績を残した。
 
 石毛の150キロ前後の速球であっても、プロの打者はバットを合わせることが出来る。大切なのはタイミングをずらす、変化球である。石毛の場合はスライダーだった。ここで石毛の右肘が生きた。
 
「ベースのすごい前でワンバンしたりしていたので、フォークって言われたこともありましたけど、フォークは一切投げていない。スライダーです。肘が曲がっているので、(回転が)斜めに入って縦にスライドする。変化が縦になっているのでフォークだと間違えられたんです。解説でもみんな〝今のフォーク、すごいですね〟って言っていました。確かに普通はスライダーであんなにワンバンはしない」
 
 石毛のスライダーは直球と全く同じ腕の振りである。球を待っていると振り遅れる。そのため、球が石毛の指先を離れる瞬間、打者はスイングに入る。途中で直球ではないと気がついても、スイングを止めることは出来ない。そのため、地面にバウンドするような球に空振りしてしまうのだ。
 
 そして93年シーズン、長嶋茂雄が監督に就任。長嶋は「勝利の方程式」という言葉を使い、石毛をクローザーに固定した。
 
 石毛は30セーブを挙げ、タイトルを獲得。初めてのオールスターゲームにも選出されている。
 
 ただし、石毛は「セーブ王」というタイトルには拘りはなかったと明かす。
 
「自分はクローザー(抑え)ではなく、ストッパーでありたいと思っていました。ストッパーというのは、相手の勢いを止める役目。セーブがつかなくても、自分が出ていく。向こうも石毛が出てきたら駄目っていう風にしたい。そういうやりがいがあるのがストッパーだったのかなと」
 
 90年代のジャイアンツはとてつもない人気があった。救援投手は味方のピンチの場面に出ていく。満員の東京ドームの観客を前にして、試合を壊してしまったらどうしょうかとひるむ、あるいは自分への対する期待に押しつぶされるような感覚はなかったのかと訊ねると、「全然考えていなかったです」と微笑んだ。
 
「(前の投手が)ランナーを残して交代するときってありますよね。ぼくが出ていって、そのランナーが帰ったとしても、それは前のピッチャーの責任、という感じでした」
 
 もちろん、その当時はそんなことは言えませんよ、と手を振った。
 
「でもそのくらいの気持ちで行かないと。毎日なんで、持たないというか」
 
 投手は負けず嫌いで、自分の数字に拘りを持つ。マウンド上では淡々と無表情を保っていたとしても、他球場で防御率を争っている投手が打たれたときには、グラブを叩いて喜ぶものだ。そんな中で石毛は異質の存在であった。
 
「世間的にはセーブを獲っていけば、セーブ王になれる。名誉ですよね。でも、ぼくの中では、欲しいものではあるけれど、別にそこまで、ではなかった。(セーブという)数字が給料に換算されることもなかったですし」
 
 石毛はマウンド上と同じように淡々とした調子で言った。
 そんなジャイアンツでの生活は突然、打ち切られることになる。

突然のトレード通告

 自分の周りで何かが動いているとはっきりと感じたのは、97年の正月のことだった。
 
「12月ぐらいから、石井浩郎さんが近鉄(バファローズ)とは契約しない、トレード先を探しているという報道が出ていたんです。それで横浜の三浦大輔、巨人ならば石毛の交換を考えていると書かれていました。正月にハワイに行って、日本のスポーツ新聞見てたら、ぼくの名前がバンバン出ている」
 
 96年シーズン、石毛は4勝1敗3セーブという成績だった。前年からクローザーとなっていた西山一宇が不調。石毛がセットアッパーからクローザーに戻ったが、調子は上がらなかった。日本シリーズで初めてセーブを挙げたものの、年俸減を提示されていた。来季の契約を結んでいる自分の名前がなぜ紙面に出るのか、と石毛は首を傾げていた。
 
 ハワイから帰国した1月10日、ジャイアンツのコーチが主催するゴルフコンペに石毛は参加していた。
 
「ハーフ(ラウンド)が終わったとき、フロントから石毛さんに電話ですって呼び出されたんです。今から事務所に来られるかっていうんです。ぼくは今、コンペに出ているっていうと、大事な話だからって。それでコーチに、たぶんトレードの話です、事務所に行って来きますと謝ってから出ました。事務所に行くと近鉄からトレードの話が来ている、すごくいい話だからって。背番号もいい番号になるし、先発もやらせてくれるみたいだぞって話を一方的にがーっとされたんです」
 
 自分は先発をやりたいなどと言ったことは一度もないとむっとした。そして、すでにバファローズとの間で自分が移籍を受け入れるという前提で交渉を進めていたことを感じたという。
 
 監督だった佐々木恭介の熱意にほだされた石毛はバファローズへの移籍を受け入れることにした。
 
 しかし、先発としては結果を残すことはできなかった。
 
 2001年シーズン、中村紀洋、タフィ・ローズ、磯部公一、そして吉岡などの強打者を揃えたバファローズはリーグ優勝を成し遂げた。石毛はセットアッパーとして、25試合に登板、3勝1敗2セーブを記録している。

ドラフト外入団から学んだプロ野球人生で最も大切なこと

 シーズン終了後の練習を見て、石毛はジャイアンツとの違いを改めて感じたという。
 
「みんなちゃんとやっていたとは思うんです。でもぼくからしたら(気持ちが)抜けた練習でこれじゃ、勝てないよって。巨人では春先のキャンプからミーティングでは、シーズン優勝は当たり前、日本シリーズをどう戦うかということを目標として掲げていた」
 
 やはりバファローズは日本シリーズでヤクルトスワローズと対戦し、1勝4敗で敗れた。
 
 翌2002年シーズン終了後、石毛はバファローズから戦力外通告を受けた。
 
「ヤクルト、ロッテのテストを受けたけど、その日のうちに契約出来ませんって返事がありました。もう終わりかなという感じのときに、阪神(タイガース)から明日、テストがあるから来ないかって」
 
 石毛は「行きます」と即答した。
 
「巨人にいた自分が阪神の縦縞(のユニフォーム)を着るなんて考えたこともなかった。でもまだ野球を続けたいという、藁にもすがる思いで、次の日に阪神のテストを受けに行ったんですね」
 
 ブルペンで投げていると、後ろから「まだ行けるやないか」という声が聞こえた。監督の星野仙一だった。
 
「それがすごく嬉しかった。自信になりました。ブルペンでの投球も凄く良かったんです。すでにテストで獲る選手が二人決まっていたらしいんです。その一人を削ってでも石毛を獲るって星野さんがおっしゃったと後から聞きました」
 
 2003年シーズン、タイガースは開幕から勝利を重ね、首位をひた走った。7月末の段階で2位に17.5ゲームの差、そのまま18年ぶりのリーグ優勝――。
 
「最初は二軍にいたんです。上の(投手の)メンバーがいなくなったので、一軍に上がって金澤(健人)と敗戦処理をやっていました。17試合を投げて、優勝。日本シリーズも投げられて。すごい年でしたね。2002年にクビって言われて、翌年に優勝ですから」
 
 このタイガースでの優勝が石毛のプロ野球選手としての最後の輝きとなった。
 
 翌2005年4月、二軍での投球中に右肘の靱帯が部分断裂。石毛のドラフト指名回避の原因となった右肘が、引退を決意させたのだ。通算14年間、375試合に登板、34勝29敗83セーブという成績だった。
 
 石毛がプロ入りした88年のドラフトでジャイアンツから指名された選手で石毛よりも長く現役を続けたのは、1位指名の吉田修司だけである。先発投手として期待された吉田はジャイアンツでは全く結果を残すことが出来ず、94年にホークスに移籍、セットアッパーとして生き残ることになった。そして、2007年、ホークスからオリックス・バファローズに移り、現役引退している。
 
 石毛は独立リーグ『ベースボールファーストリーグ』の『06BULLS』でコーチを務めた後、現在は富山県の『バンディッツヤング』という少年野球チームで教えている。
 
「中学生に(プロ野球の)スカウトの人ってどういうところを見ていると思うって訊くんです。彼らはホームランを打つとか脚の速さとか答える。でもそうじゃないって教えてます。知らない人と会ったときに、この子はどういう挨拶をするんだろう、グラウンドの整備をきちんとやっているか、そういうのを見てるよって。昔は野球馬鹿でも良かったけど、今はいらない。問題を起こすとSNSとかですぐ出ちゃう時代。そういう人間は野球が幾らすごくても入れないんだよって」
 
 野球の技術にしたって、人間が出来ていなかったら、本当に巧くなれないと思うんですよと石毛は穏やかな顔で言った。
 
 それこそが、ドラフト外で入った彼がプロ野球の世界で掴んだことなのだ。
 
石毛博史、ドラフト外の肖像#1――ドラフトで問題視、野球人生を左右させた伸びない肘
石毛博史、ドラフト外の肖像#2 両親の薦める社会人野球を断って……ドラガイから巨人のストッパーへ

———————————-
石毛 博史(いしげ・ひろし)
1970年7月13日、千葉県出身。市立銚子高校で甲子園出場は叶わず。卒業後は社会人野球の住友金属鹿島に内定していたが一転、88年オフにドラフト外で読売ジャイアンツに入団する。藤田元司監督の下で92年に52試合に登板、5勝3敗16セーブ、防御率1.32の好成績を残しリリーフとして地位を確立する。長嶋茂雄監督が就任した93年には30セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得した。95年以降は思うような結果が残せず、97年にトレードで近鉄バファローズへ移籍。先発転向するも、その後は再びリリーフとして2001年のリーグ優勝に貢献した。03年からは阪神タイガースでプレーし、05年に現役引退。関西独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズ投手コーチなどを経て、現在は富山県の『バンディッツヤング』という少年野球チームで指導を行っている。

ジャンルで探す