パの投手が“大人気” 初の現役ドラフト、ポジション内訳に見る12球団の狙いは?

パ・リーグの投手たちが多く移籍した【写真:藤浦一都、荒川祐史】

パ・リーグの投手たちが多く移籍した【写真:藤浦一都、荒川祐史】

移籍する12人は投手6人、内野手2人、外野手2人

 NPB初の「現役ドラフト」が9日行われ、即日結果が公表された。楽天から巨人入りするオコエ瑠偉外野手ら、12球団から1人ずつが他球団に移籍することになる。ここでは12人のポジション別内訳を読み解いていこう。

 移籍が決まったのは投手6人、内野手2人、外野手4人で捕手はいなかった。これをリーグ別に見てみると、セ・リーグは投手を求め、その対象はパ・リーグに多かったという構図が浮き上がってくる。

 パ・リーグの投手で指名されたのは、ソフトバンクの大竹耕太郎投手(→阪神)、西武の松岡洸希投手(→日本ハム)、ロッテの成田翔投手(→ヤクルト)、日本ハムの古川侑利投手(→ソフトバンク)の4人。一方で投手を獲得したのは、圧倒的にセが多く6球団中4球団。タイプは様々だが、充実したパの投手力を欲した球団が多かったと見える。

 狙いのはっきりした指名を行った球団もある。オリックスはヤクルトの渡邉大樹外野手を獲得し、吉田正尚外野手がポスティングで抜ける外野の層を厚くした。長打力不足に悩む中日はDeNAの未完の大器、細川成也外野手を獲得した。一斉トレードで動いた12人は来季どんな結果を出してくれるだろうか。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す