西武・山田遥楓と日本ハム・佐藤龍世のトレード成立 山田「持ち味の明るさを前面に」

交換トレードが発表された西武・山田遥楓と日本ハム・佐藤龍世【写真:小林靖】

交換トレードが発表された西武・山田遥楓と日本ハム・佐藤龍世【写真:小林靖】

両球団が発表、佐藤は異例1年半で“出戻り”

 西武の山田遥楓内野手と、日本ハムの佐藤龍世内野手の1対1のトレードが両球団で合意に達した。2日、両球団が発表した。佐藤はわずか1年半で古巣へ異例の“トレード出戻り”となる。

 2014年ドラフト5位で西武に入団した山田は、2018年にプロ初出場。2021年は自己最多の98試合に出場し、今季は74試合の出場で打率.200だった。北海道出身の佐藤は2018年ドラフト7位で西武に入団。2021年途中に2対2のトレードで日本ハムに移籍し、今季は移籍後初本塁打を放つなど37試合に出場した。

 両選手のコメントは以下の通り。

山田遥楓
 入団以来8年間、応援していただき本当にありがとうございました。球場でタオルを掲げてくれた方、背番号52のユニホームを着て球場にお越しいただいた方、その他多くのファンの皆さまに感謝したいと思います。埼玉西武ライオンズで野球ができたことは、誇りであり本当にうれしく思います。一番印象に残っているのは、初ヒットが初ホームランになり、その日お立ち台に上がったことです(2018年9月19日)。その時「うれしくて、夢みたい」ということを話したように記憶しています。今後も、自分の持ち味である明るさを前面に出して元気にプレーしたいと思います。

佐藤龍世
 1年半という短い間でしたけど、ファイターズの監督、コーチ、選手、球団の皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。ファンの皆様にも温かく迎え入れてもらい感謝しています。今年の旭川の試合でホームランを打ってヒーローインタビューを受けたことは良い思い出です。今は突然のことで驚いていますが、ライオンズにいってもチームに貢献できるよう精一杯頑張りたいと思います。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す