松田宣浩は鷹に何を残した? 若手→中堅→ベテランで“姿を変えた”鉄人の功績

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】

常勝軍団の礎を支えた鷹のレジェンドが退団を申し出た

 ソフトバンクの松田宣浩内野手が28日、退団を表明した。1軍から抹消される前日の7日にチーム関係者から来季の構想外の話を受け、熟考の末に決断。ホークス一筋17年、不動の主軸として三塁のレギュラーを務め、常勝軍団の礎を築いてきた鉄人。球団史に残る活躍を見せてきた鷹のレジェンドが、志半ばでチームを離れる。

 松田は2005年の大学生・社会人ドラフト希望枠でソフトバンクに入団。2年間は1軍定着を果たせなかったが、プロ3年目の2008年にはキャリア最多となる10本の三塁打を記録するなど、走れる長距離砲として存在感を発揮し、三塁手のレギュラーに定着した。

 翌2009年は相次ぐ故障で46試合の出場にとどまったが、2010年には怪我で戦列を離れる時期がありながら主力として優勝に貢献。その後は故障の時期を除いて主力として活躍し続け、長きにわたってチームを支える存在となった。

 とりわけ、2011年は統一球導入の影響で極端な“投高打低”となる中で、その影響を感じさせないバッティングを披露。リーグ2位の25本塁打を放ち、打率.282と確実性も向上。自己最多の27盗塁を記録するなど、異彩を放った。続く2012年には故障がありながら打率.300を記録するなど、統一球をほとんど苦にしなかった点は特筆に値する。

30代になってから更なる進化を遂げる、まさに“鉄人”

 若手時代は故障に泣かされるシーズンも少なくなかったが、2011年、2013年、2015年は全試合フルイニング出場を達成。また、2014年8月から2020年9月まで6年以上にわたって休むことなく出場し、815試合連続出場という記録を達成した。年を経るごとに故障に強い選手へと進化していった点も、松田の特異な点と言えよう。

 また、自己最多の35本塁打を記録した2015年を筆頭に、32歳を超えてから3度のシーズン30本塁打を記録。2015年のホームランテラス設置に伴う打撃改造が奏功し、ベテランの域に差し掛かってから長距離砲としての真価を発揮している点も、松田の飽くなき向上心の表れだ。

 2020年以降は不振で徐々に出場機会を減らしていたが、2021年9月29日に通算300号本塁打を達成。あと169本となっていた通算2000本安打をはじめ、通算1000打点までは残り9、通算2000試合出場まで残り90と多くのマイルストーンを目前にしている。

 通算1831安打、301本塁打、991打点。815試合連続出場に、8度のゴールデングラブ賞。ホークス一筋17年間で記録してきたこれらの数字は、松田の貢献度を如実に物語るものだ。しかし、残した功績は、それらの数字だけで推しはかれるものではない。

 そのパフォーマンスに加え、勝負強い打撃と鮮やかな守備でもファンを喜ばせ、どんな時でもチームを熱く盛り上げてくれたムードメーカー。節目の記録の多くを本塁打で達成し続けたことも含めて、記録にも記憶にも残るような、文字通り「絵になる選手」だった。会見ではあくまでもNPB球団での現役続行にこだわると話した松田の今後の去就にも注目したい。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

ジャンルで探す