【MLB】大谷翔平、同点2点タイムリー 登板翌日に10試合連続安打、12試合ぶり35号に期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

敵地・ツインズ戦に「3番・指名打者」で先発出場

■ツインズ ー エンゼルス(日本時間25日・ミネソタ)

 エンゼルス大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地・ツインズ戦に「3番・指名打者」で先発出場した。3回の第2打席に同点の中前2点打を放ち10試合連続安打をマークした。

 2点差に迫った3回1死二、三塁。右腕ライアンの外角高め、93.6マイル(約150.6キロ)のフォーシームを引っ叩いた。中前へ抜ける同点2点打となった。12試合ぶりの35号本塁打に期待がかかる。

 前日23日(同24日)の同戦では6回途中7奪三振3安打2失点に抑え、14勝目を挙げた。降雨で気温12度と冷え込む中、4回には日本投手4人目のシーズン200奪三振に到達。打っては7回にダメ押しの中前適時打を放ち、4打数1安打1打点で打率.271となった。

 ヤンキース・ジャッジとのMVP争い。ラストスパートへつなげたい。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す