【MLB】大谷翔平は悪天候でも「えげつない」 敵将も脱帽…制球甘くても「空振り奪える」

ツインズ戦に先発し14勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ツインズ戦に先発し14勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回途中7奪三振3安打2失点で今季14勝目、ツインズ監督が敗者の弁

■エンゼルス 4ー2 ツインズ(日本時間24日・ミネソタ)

 エンゼルス大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地でのツインズ戦に先発し、今季14勝目を挙げた。寒さの中で雨にも見舞われた悪条件だったが、6回途中7奪三振3安打2失点の粘投。ぬかるんだマウンドで仁王立ちした二刀流の姿に、ツインズのロッコ・バルデリ監督は「なかなかえげつない球を持っている。彼は思うように制球できなくても、多くの場合、ある程度空振りを奪える」とお手上げだった。

 初回、3者連続四死球で1死満塁のピンチを招き、「4-6-5」の珍しい併殺の間に1失点を喫した。4回1死では、サンチェスから見逃し三振を奪ってシーズン200奪三振に到達。日本人投手では4人目となった。6回無死一、二塁からケーブの中前適時打で1点を返され、無死満塁のピンチを広げたところで降板。2桁奪三振こそならなかったが、奪三振率11.94はメジャートップを誇る。

 敵将は「彼の中では、後半戦を通じてこれまでにしてきたような凄く圧倒的な投球では恐らくなかっただろう」と振り返り、攻略できなかった事実を直視。その一方で「我々の打線は単に空振りして終わるのではなく、ストライクゾーンに投げさせて、球数を増やすことができた。それについてはそれなりに満足している」と好材料も見出していた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す