オリックスがサヨナラ勝ちで3連勝、鷹に並ぶ 宗が涙の劇的決勝打「今日は僕の日」

サヨナラ打を放ったオリックス・宗佑磨【画像:パーソル パ・リーグTV】

サヨナラ打を放ったオリックス・宗佑磨【画像:パーソル パ・リーグTV】

延長10回2死満塁で宗が劇的サヨナラ中前適時打

■オリックス 6ー5 ソフトバンク(19日・京セラドーム)

 オリックスが劇的なサヨナラ勝ちでソフトバンクとゲーム差なしに並んだ。19日に京セラドームで行われたソフトバンク戦。延長10回2死満塁で宗佑磨内野手がサヨナラの適時打を放ち、激戦に終止符を打った。

 1点ビハインドの9回に吉田正が同点の適時打を放って追いつくと、試合は延長戦へ。先頭の西野が左前安打で出塁すると、太田の犠打をレイが悪送球。申告敬遠で満塁になった。伏見が空振り三振、福田が一ゴロに倒れて、嫌なムードが漂ったが、宗が中前へ劇的な一打を放った。

 3回に試合の流れを変える悪送球を犯していた宗。お名を返上する一打を放ち、歓喜する味方の祝福を受けると、目には涙を浮かべていた。お立ち台に上がると「今日は僕の日だな、と」とファンを笑わせ「興奮しすぎてあんま記憶にないですけど、ベチョベチョなんで実感はあります。年を取るにつれて泣きやすくなってきてて。なんかすいませんでした。めちゃくちゃでかい3連勝だと思います」と語っていた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す