【MLB】川崎宗則が米球界で得たもう1つの価値観 監督から「休め!」、産休取得の裏側

米球界で約5年を過ごした川崎宗則【写真:荒川祐史】

米球界で約5年を過ごした川崎宗則【写真:荒川祐史】

米球界で約5年を過ごした川崎が教えるメジャーとマイナー

 プレーオフ進出争いやタイトル争いが佳境を迎えているメジャーリーグ(MLBはABEMAで毎日生中継)。ナ・リーグのワイルドカード枠を巡っては、ダルビッシュ有投手が所属するパドレスが2年ぶりのプレーオフを目指して奮闘。ア・リーグMVPを巡っては、二刀流で12勝&34本塁打を誇るエンゼルス大谷翔平投手と、57本塁打で他を突き放すヤンキースアーロン・ジャッジ外野手が手に汗握る一騎打ちを展開している。

 また、9月にはメジャーのロースター枠が26人から28人に拡大。プレーオフ進出の望みが断たれたチームでは、拡大枠を利用しながら来季に向けて戦力の見極めを実施。メジャー昇格を狙うマイナー選手や、今オフにFAとなるベテラン・中堅選手たちが猛アピール中だ。

 メジャーリーグを観戦していると、必ず耳にする「メジャー選手」と「マイナー選手」という言葉。なんとなく知っていても、詳しく「違い」を理解している人は少ないかもしれない。

 一般にメジャー選手と呼ばれるのは、メジャー公式戦に出場できる26人の登録枠に入っている選手のこと。26人枠以外の選手は、3A以下のマイナー球団でプレーするためマイナー選手と呼ばれる。ただし、メジャー球団が直接支配下に置き、メジャー契約を結ぶ選手の枠は40人。このうち出場登録枠を外れた14人は、メジャー契約ではあるがマイナー球団でプレーしながらメジャー昇格の機会を探るため、マイナー選手と呼ばれている。

 2012年にマリナーズとマイナー契約を結び、米球界へ移った川崎宗則内野手(現・BC栃木ゴールデンブレーブス)はメジャーとマイナーの関係性について「日本プロ野球の1軍・2軍とは意味合いが全然違いますよね」と話す。

「日本は1軍と2軍を合わせて支配下登録が70人。契約上はみんなが同じように1軍と2軍を行き来できる。2軍からスタートしても、同じ契約のまま1軍に上がるチャンスがあるわけです。実は、僕も最初はその感覚で渡米したんですけど、とんでもない! 日本で言う2軍からのスタートじゃなかった。全く違った。マイナー契約であれば、ずっとマイナーなんですよ」

 もちろん、マイナー契約の途中でメジャー契約に切り替わることもある。ただし、それは40人枠にいる選手が事実上の戦力外となったり、60日間の負傷者リスト入りをしたり、欠員が生まれた時のみ。そして晴れてメジャー契約を勝ち取っても、26人枠に入らなければメジャーの試合には出られない。マイナー契約から26人枠入りを勝ち取るのは、想像以上に大変なことでもある。

 2017年に日本球界に復帰するまで、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスの3球団でおよそ5年にわたりプレーした川崎は、この間にたびたびメジャーとマイナーを行き来した。だが、この状況にストレスを感じることはなかったという。

「シンプルに契約で割り切られているので、メジャーはメジャーで嬉しいし、マイナーはマイナーで胸を張って楽しくプレーさせてもらいました。僕の場合、2つのチームに所属しながら、その時に呼ばれた方でプレーするという意味合いで捉えていました。自分の人生を同時に2チームで謳歌できるなんて、なんてラッキーなんだって」

米球界で約5年を過ごした川崎宗則【写真:荒川祐史】

米球界で約5年を過ごした川崎宗則【写真:荒川祐史】

野球選手である前に1人の人間… 新たな気付きを独立リーグで実践

 メジャーとマイナーの違いを楽しんだように、日米球界の違いも楽しんだ。例えば、産休制度。ブルージェイズ時代の2013年に長男が誕生。メジャー昇格直後だったため産休取得を見送ろうとすると……。

「産休を取ってマイナーに落とされたら嫌だと思っていたら、ギボンズ監督に『いやいやカワ、それが仕事だから行け。休め!』と怒られました。野球は人生の一部に過ぎない。野球と家庭だったら家庭が大事というのが向こうの考え。最初は戸惑いましたけど、なるほどな、と勉強になりました」

 マイナー球団での同僚の中には、シーズンオフになると学校の教員として働く“二刀流”がいた他、色々な資格を取ったりビジネスに携わったりしながら、マイナー選手を続ける人もいたという。

「先生をしていた選手がある日、『カワ、もう辞めるから。学校の先生に戻るわ』って言うから、僕も『あ、そう。お疲れ!』って。野球を辞めただけで人生の価値は変わらない。もしかしたら次のキャリアの方が楽しいかもしれないし。野球を楽しみに見に来てくれるお客さんを楽しませることも大事だけど、野球で成績を残すだけが全てじゃありません。野球選手である前に1人の人間。いいプレーと合わせて、人間性も上げていかなければいけないと学びました」

 日本とは違う価値観に触れるうちに、日本にいる時は考えなかった野球選手として収入を得ることの意味、スポーツが持つ価値についても気付いた。

「子どもの頃から野球が好きで、野球選手になったらお金をいただけるようになった。なぜいただけるのか。そこにはファンの方々に感動を届けたり、スポンサーさんが求めるイメージに相応しいと考えてくださったり、色々な意味があるわけです。

 さらに言えば、子どもたちが野球やスポーツをする意味は何なのか。それはスポーツが失敗を学べる場であり、失敗をしながら人間形成ができる場だから。子どもたちが自分で考えながら失敗と成功を体験することが楽しくもあり、悔しくもあり。その積み重ねがスポーツは大事なんだと思いますよ」

 新たな気付きを持って、再び日本で野球と向き合う今は「非常に楽しいです」と満面の笑みを浮かべる。

「栃木で18歳や20歳の子と一緒に野球をしながら、みんなで野球をすることの意味を考えています。NPB選手になりたいというのも1つの夢で素晴らしい。でも、なれなくてもダメではない。今ここで、毎日をどれだけ楽しく過ごせたか、どうやって仲間と励まし合ったかが大事。それを気付かせてくれたのが北米でした」

 目の覚めるような豪快アーチや胸のすくような三振ショー、息を呑むような華麗な守備の背景にある、日本とは別の価値観に思いを馳せると、また違った角度からメジャー観戦を楽しめるのかもしれない。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す