【高校野球】コロナで消えた夏「終わった実感なかった」 歓喜の街で行われた“42日後の宮城大会”

できなかった「3回戦」を実現させた東北と東北生活文化大ナイン【写真:高橋昌江】

できなかった「3回戦」を実現させた東北と東北生活文化大ナイン【写真:高橋昌江】

東北と東北生活文化大は8月30日に“宮城大会3回戦”を実現させた

 第104回全国高校野球選手権の宮城大会3回戦で行われる予定だった東北と東北生活文化大(以下、生文)の試合は生文の出場辞退により、東北が不戦勝となった。その後、両校で協議し、8月30日に「3回戦」を実現させた。全国選手権を同じ宮城県の仙台育英が制し、東北地方に初めて深紅の優勝旗をもたらしてから8日後、公式戦用のユニホームを着た両校の3年生ははつらつとプレー。今夏で退任した東北・富沢清徳監督、生文・水沼武晴監督とともに野球を楽しみながら、“ラストゲーム”を戦い抜いた。試合は6-5で生文が勝利した。

 新型コロナウイルスの流行とともに中学を卒業し、高校生活をスタートさせた今年の高校3年生。コロナ禍での高校野球は“引退”にも影響を及ぼした。今夏の宮城大会で生文は1回戦を5回コールド勝ち。2回戦を延長10回、2-1のサヨナラ勝ちで制し、7月19日の東北との3回戦に駒を進めた。しかし、2回戦後にチーム内で新型コロナの感染者が多数出たことで出場辞退を決めた。

 一方、今春の東北大会準優勝校として夏に臨んだ東北は1、2回戦をコールド勝ち、3回戦は生文の辞退で不戦勝になった。ところがその後、新型コロナの感染が拡大。7月23日の聖和学園との準々決勝はベンチ入りメンバー12人を入れ替えて臨んだが、1-13の7回コールドで敗れた。

 両校の3年生は不完全燃焼で“引退”を余儀なくされた。そこで、両校が話し合い、3年生による「3回戦」が実現した。試合は2回から雨脚が強くなったが、取っては取られての白熱した展開となり、両校ナインはぬかるむグラウンドで全力でプレー。5回に小松光成、及川峻良の2者連続本塁打が飛び出した生文が勝利した。

雨模様でも選手達は全力プレーを見せた【写真:高橋昌江】

雨模様でも選手達は全力プレーを見せた【写真:高橋昌江】

東北生活文化大・岩井主将「モヤモヤしていた気持ちがなくなった」

 出場辞退が決まった時は「終わった実感が湧いてこなかった」という生文・岩井陽幸主将。「僕たちのための舞台を用意してくださり、感謝の気持ちしかありません。モヤモヤしていた気持ちがなくなり、『やっと引退できた』という気持ちです」と晴れやかな表情を見せた。

 公立の仙台商と石巻商を東北大会に導き、2014年から生文を指揮してきた水沼監督はこの春に還暦を迎え、今夏で勇退。この日、再びユニホームに袖を通し「子どもたちもどこかで引っかかっていたものがあったと思うので、本当に感謝です。『野球、楽しいな』と感じる野球ができたと思います」と笑顔だった。

 聖和学園戦を全員で戦うことができなかった東北の富沢清徳監督は「ホテル療養や自宅療養などでグラウンドに顔を出せずに終わった子たちが多かった。勝敗は気にせず、ユニホームを着て、グラウンドで終わることができたのは良かったと思います」と話した。

 柴田昌吾主将は「(宮城大会に)メンバー変更で出させていただいたことも含め、コロナの中で選手のことを考えてくださった人がすごく多かった」と感謝した。柴田はメンバー変更で抜けた一人で「高校野球が終わった実感はなかった」という。だが、この日、3年間を過ごした仲間と縦縞のユニホームを着て戦い「東北高校で野球をやろうと同じ志を持って来た選手たちともう1度、野球をやれたというのはすごく嬉しかったです」と喜びを噛み締めた。

 3年生は東北が26人、生文が9人。さまざまな思いを胸にプレーし、彼らは“夏”を終えた。高校野球に区切りをつけ、次のステージへと進んでいく。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

ジャンルで探す