【高校野球】「野球人生が変わった」 中学時代は3番手も…エース&4番で甲子園に出場できたワケ

日大三島・松永陽登【写真:共同通信社】

日大三島・松永陽登【写真:共同通信社】

甲子園で白星ならずも「全員野球が日大三島の野球。気持ちが一つになって果たした春夏出場」

「永田監督のおかげで野球人生が変わった」

 春夏連続で甲子園出場を果たした日大三島のエース兼4番・松永陽登(まつなが・はると)投手(3年)は感謝の言葉を口にした。6日に開幕した第104回全国高校野球選手権大会。開幕戦で国学院栃木(栃木)に3-10で敗れはしたが、充実した高校野球生活だった。

 中学時代に所属していた秦野シニアでは3番手投手で、主に野手として試合に出場することが多かった。高校入学当初もストレートの最速は120キロ台前半。それでも、報徳学園を率いて選抜優勝経験のある永田裕治監督が就任すると「エースなんだから人の2、3倍練習しないといけない」と、はっぱをかけられ“本格派右腕”に成長を遂げた。

 最速140キロを超え、カーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を武器に、昨秋は東海大会を制した。投打の中心として今春は38年ぶりの選抜大会、今夏は32年ぶりの選手権大会に出場。甲子園では白星を手にすることはできなかったが「全員野球が日大三島の野球。気持ちが一つになって果たした春夏出場でした」と振り返った。

永田監督も成長曲線に驚き「指導者人生でここまで成長した学年はいない」

 就任当初は「大人しい選手が多い。関西の選手のような向かってくる子はいない」と、困惑していた永田監督も「指導者人生でここまで成長した学年はいない。感謝しかない」と驚くほど。静岡大会後は調子を落とし、この日も本来の投球ではなかったが「ここまで上がってきたのは松永の頑張り。(先発は)迷わずいった」と、全幅の信頼を置きマウンドに送った。

 名将の教えを受け、打者としては12球団のスカウトが注目するまでに成長した松永。最後のマウンドは5回途中4失点(自責2)と悔しい登板になったが、今後は大学で野球を続けていくつもりだ。

「僕は中学時代、輝いている選手じゃなかった。本当にお世話になった3年間。甲子園の経験を生かして、大学でも野球をしたい」

 野球人生を変えてくれた永田監督への感謝を胸に、次なるステージを目指していく。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す