「こういう監督みたことない」 あわや乱闘を収めた“神対応”は「人間の鑑」

死球で不穏な空気の中、日本ハム・新庄剛志がとった行動が話題に【画像:パーソル パ・リーグTV】

死球で不穏な空気の中、日本ハム・新庄剛志がとった行動が話題に【画像:パーソル パ・リーグTV】

新庄監督は死球を受けた杉本に言葉を掛け、一触即発の雰囲気を和ませた

■オリックス 3ー1 日本ハム(6日・京セラドーム)

 日本ハム新庄剛志監督の見せた“神対応”が、球場を包んだ不穏な空気を一瞬にして和らげた。6日に京セラドーム行われたオリックス戦で、死球禍によりベンチから両軍選手が飛び出す事態に。しかし、死球を受けたオリックス杉本裕太郎外野手にBIGBOSS自ら声を掛けて“手打ち”にした。新庄監督流の対応を「いままでみたことない光景です」「素敵な瞬間やな」「周りを笑顔にするBIGBOSSさすがだわ」とファンも称賛している。

 日本ハムの先発・田中瑛斗投手は3回、杉本にこの試合2つ目の死球を与えた。2打席連続でぶつけられた杉本はやや投手寄りに歩を進めて憮然とした表情で声を発した。その瞬間、両軍ベンチから選手が飛び出し、京セラドームは緊張感に包まれた。

 ここで新庄監督は自ら一塁ベースに歩み寄り、杉本に何やら声を掛けた。すると杉本も笑顔で対応。一触即発の雰囲気は雲散霧消してしまった。「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【異例の対応】2打席連続死球『BIGBOSSがとった行動は…』」のタイトルで動画を投稿すると、コメントが殺到した。

「部下を守るってこういうことよな」「こういう監督見たことない」「人柄の良さがわかるシーンだね。見習いたい」「カリスマオーラ半端ない」「全てのスポーツマンに見てほしい」「監督という枠を超えてもう人間の鑑だと思う」「監督より前に人として尊敬できるわ」「あっと言う間に納めた。凄い」と新庄監督の行動を称えるものばかり。その神対応に感心していた。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す