初代GMは阪神ファンの“日本通” 台湾新球団ホークスが参考にするNPBの成功モデル

調印式の様子 【写真提供:(C)CPBL】

調印式の様子 【写真提供:(C)CPBL】

チームカラーは緑で林振賢統括コーチの就任決定、40人前後で9月に始動

 台湾プロ野球第6のチーム「台鋼雄鷹」のリーグ加盟セレモニーが6月8日、台北市内のホテルで行われた。台湾プロ野球を運営するCPBL(中華職業棒球大聯盟)の蔡其昌コミッショナー、台湾鋼鉄グループ(TSG、台湾スチールグループ、以下台鋼)の謝裕民会長、3月末に球団GMに就任した劉東洋氏らがセレモニーに出席した。

 台鋼は3月2日にCPBLと「加盟意向書」を締結した。この意向書は4月27日にリーグの常務理事会で既に承認されていたが、8日のセレモニーの席上で蔡コミッショナーと謝会長が契約書にサイン。正式にリーグ加盟が決定し、台湾プロ野球は2008年以来14年ぶりに6球団体制となった。

 セレモニーでは、チームの英語名「TSG HAWKS」や球団ロゴなどが発表された。今年で33年目となる台湾プロ野球では、過去にも中国語のチーム名に「鷹」がつく「時報鷹」というチームが存在したが、英語名は「China Times Eagles」だったため台湾球界では初めて「ホークス」が誕生したこととなる。

 チームカラーはダークグリーンなど、グリーンがベース。これは既存5チームとの差別化に加え、本拠地・高雄市の市章にも緑色が用いられていること、親会社TSGのエコ重視の精神に符合することから選ばれたという。球団ロゴはTSGの「T」の字と、鷹の鋭利なくちばし、羽を広げ飛翔するイメージを融合したシンボルマークが大きく描かれた。その下に、本拠地・澄清湖球場の所在地である高雄市の英語名「KAOHSIUNG」、さらに球団名が中国語と英語でそれぞれ書かれている。

 マスコットについては、年末か来年の年初に発表される見込み。ユニホームも今年は暫定的なものを着用、正式なユニホームは来年以降明らかにされるという。監督発表はなく、過去に楽天モンキーズの1軍ヘッドコーチやアジアウインターリーグのCPBLチーム監督などを務めるなど、豊富な指導経験をもつ高雄出身の林振賢氏の統括コーチ就任のみ発表された。

 TSGホークスは来季は2軍、2024年シーズンから1軍に参入する。完全にゼロからのチームづくりとなる中、7月のドラフト会議での指名・契約、元プロ選手の獲得などを経て、40人前後のメンバーで9月に始動する予定だ。こうした中、現時点では監督の人選は行わないといい、まずは林振賢統括コーチ、今後発表されるコーチ陣が選手の選抜、育成を行っていくこととなる。

初代GMに就任した劉東洋氏

初代GMに就任した劉東洋氏

GMは“日本通”、日本人指導者招聘やNPB球団との交流への期待大

 3月30日に初代GMに就任した劉東洋氏は、台湾球界きっての日本通だ。関西大学大学院への留学経験があり、阪神タイガースのファン。帰国後の2006年にCPBLに就職、リーグ発行の月刊雑誌「職業棒球」雑誌の記者、編集長のほか、海外球界との連絡・折衝を行う国際グループのグループ長や、リーグのPRなどを行う宣伝推進部の主任などを歴任した。「職業棒球」誌でNPBに関するコラムを長期連載してきたほか、2021年シーズンまで「パ・リーグ インサイト」にて繁体字でパ・リーグの近況を伝える週1連載を執筆。中継の解説者を務めた経験もある。

 日本語が非常に流暢で、国際大会やNPBとの交流の際は主にCPBLの日本担当窓口として活躍。日本球界およびメディア関係者からの信頼は厚く、幅広い人脈を持つ。NPB各球団の経営やプロモーションについても明るいことから、第6の球団をリーグをあげて支えていくことをかねてから表明してきた蔡コミッショナーの推薦もあり、初代GMに就任した。

 劉GMは、日本ハムや楽天のフランチャイズ経営の成功モデルを、ハードルが高いと指摘される南部・高雄での球団経営の参考にしていきたいと話している。選手育成においても、客員コーチとして日本人指導者を招聘するプランを明らかにしている。劉GMは理想的な日本人指導者像として、かつて兄弟エレファンツ(中信兄弟の前身)で内野手の守備力強化に加えて高いプロ意識も伝え、すぐれた選手や指導者を多数生み出した榊原良行氏の名を挙げ、第二の「バラさん」となる指導者を招聘したいとしている。

 台湾プロ野球では、前身のラミゴ時代から積極的にNPB球団との交流戦や交流イベントを行ってきた楽天モンキーズをはじめ、多くの球団が日本球界との交流を重視してきた。「日本通」である劉氏のGM就任により、各領域における日本球界、日本企業との交流、コラボレーションが実現しそうだ。

新人トライアウト【写真提供:(C)CPBL】

新人トライアウト【写真提供:(C)CPBL】

独自トライアウトに元プロ25人含む466人参加、7・11にドラフト会議

 第6の球団誕生を心待ちにしていたのはファンだけではない、プロを目指すアマチュア選手や再起を期す元プロ選手も同様だ。台湾では本格的な野球部がある高校は50校弱。プロ選手を多数輩出した高校となるとさらに限られるが、世代のトップクラス以外がドラフト指名対象となるためのハードルは高い。この6月に高校を卒業した選手はリーグ、あるいはいずれかの球団による推薦、もしくは出身高校の監督の推薦があれば指名対象となるが、大学生や社会人の場合、世代別大会を含む主要国際大会の代表経験を持たない場合、リーグや球団から推薦を受けるか、もしくは国内主要大会の投打各部門で成績上位3位に入らなければ資格を得られない。

 これらの資格を持たない選手はドラフト会議前に行われる「CPBL新人トライアウト」に参加し、アピールしてリーグもしくは球団の推薦を得なければならない。ただ、このCPBLトライアウトで合格し、資格を得ても本指名される選手は少ない。

 こうした中、TSGホークスは“ダイヤの原石”を発掘しようと、CPBL新人トライアウトとは別に独自の新人トライアウトを本拠地の澄清湖球場で開催した。大多数の選手にとっては貴重なアピールの機会。特にTSGは大量指名が予想されることから、トライアウトには720人が申し込み、書類審査通過者だけで473人と予想を超えるほどだった。そのため予定よりも1日増やし、6月13日、15日、16日の3日間、終日にわたって行われた。

 最終的に元プロ選手25人を含む466人が参加。TGSホークスは今回のトライアウト実施にあたり、林統括コーチのほか6人のコーチを招いて審査を実施した。審査はフィジカルテストが40%、実戦テストが60%で、実戦テストでは投手は球速と回転数、打者は打球の初速と角度も計測された。

 劉GMはトライアウト終了後、受験者の中から少なくとも30人をドラフト指名対象として推薦することを明かした。また、直接獲得が可能な元プロ選手については、伸びしろがある若手中心となる方針を示したが、経験豊富な選手もリーダーシップなどを考慮した上で獲得する可能性はありそうだ。

 注目のドラフト会議は7月11日に行われる。アメリカや日本でプレーしていた代表クラスの大物が多数帰国した昨年に比べ、今年の候補者は全体的に小粒だ。いの一番の指名権をもつTSGの1軍参入は再来年ということもあり、将来性を重視しセンターラインの1位指名が予想されている。高校球界を代表するショートの曾子祐(平鎮高中)は有力候補の一人とされている。(「パ・リーグ インサイト」駒田英)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

ジャンルで探す