“ドラ1級”が鉄棒落下で育成契約… 生粋ハマっ子、DeNA石川が掴んだ支配下切符

支配下契約を結んだDeNAの石川達也【写真:球団提供】

支配下契約を結んだDeNAの石川達也【写真:球団提供】

「両親は泣いていた。グッとくるものがあったし、頑張らないと」

 育成から支配下契約を結ぶことになったDeNAの石川達也投手が23日、横浜市内で会見を行った。法大4年時に鉄棒から落ちて骨折し支配下をつかみ損ねた男が、2年目でようやく手にした吉報。「両親は2人とも泣いていた。それを見てグッとくるものがあったし、もっと頑張らないといけないと思った」と思いを語った。

 1年目の昨季はイースタン・リーグで13試合に登板して防御率2.35。「自分の持ち味の真っすぐがファームでは通用した」と手応えを得て、オフにさらに質の高さを求めて直球を磨いた。その直球と切れのあるフォークを武器に、今季は同14試合に登板して防御率は驚異の0.42。21回1/3でわずか1失点、27奪三振と抜群の成績を示した。

 回り道も、運命だったのかもしれない。法大4年春、鉄棒で振り子をしていた際に落下して利き腕の左手首を骨折。当初は同期でロッテにドラフト1位指名された鈴木昭汰に匹敵するほど高い評価を受けていたが、4年春のリーグ戦は1試合も登板できず、他球団は指名を見送った。そんな中で、才能に惚れ込み、信じて指名したのがDeNAだった。

小学生時代はハマスタに通い、村田修一ユニで声援を送っていた

 横浜市で生まれ、横浜高、法大を経てDeNAに入団した生粋の“ハマっ子”。小さいころから横浜スタジアムに通い、4番を打っていた小学生時代は村田修一(現巨人1軍打撃兼内野守備コーチ)のユニホームを着て声を枯らした。実家にはハマのエースとして君臨していた三浦大輔(現監督)のサインも飾られていた“ベイ党”でもある。

 思い出の球場では一足早く、1軍に帯同していた3月6日のオリックスとのオープン戦で本拠地デビューを果たした。6年ぶりの横浜スタジアムのマウンドは、2回無失点3奪三振と好投。「野球をやってきてずっと神奈川から離れていないので思い入れのある地」と話す地元で、今度は1軍選手として登板する日も近いだろう。

「どんなポジションをやりたいとか言える立場ではない。まず結果を残し、いろいろなポジションを任されるようにしたい。1軍に呼ばれたときに自分の出せるものを出して、チームの勝利に貢献できれば」

 チームは苦しい戦いが続いているが、3位までは大混戦。背番号「95」の左腕が、上位進出への重要なピースになる可能性を秘めている。(町田利衣 / Rie Machida)

ジャンルで探す