ロシア ウクライナに軍事侵攻

「パ・リーグや他のスポーツの発展にも」 PLMがUMASSとパートナー契約を更新

PLMがUMASSとのパートナーシップ契約を2022年12月末まで更新【画像提供:(C)PLM】

PLMがUMASSとのパートナーシップ契約を2022年12月末まで更新【画像提供:(C)PLM】

PLM根岸代表取締役CEO「世界トップレベルかつ最先端プログラムから学ぶ機会を」

 パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は29日、2020年6月からマサチューセッツ州立大学アマースト校アイゼンバーグマネジメントスクール内の「マーク H・マコーマック スポーツマネジメント学科」(UMASS)と結んできたパートナーシップ契約を2022年12月末まで更新したと発表した。

 契約更新に伴う新たな取り組みとしては、海外の最先端スポーツビジネスの情報やスポーツ業界の転職・キャリアの参考となる情報をUMASSの卒業生のインタビューをし、その内容をPLMが運営するスポーツ業界特化型の人材支援サービス「PLMキャリア」のウェブサイトに年6回掲載する。また、パ・リーグ6球団の球団職員向けビジネス講座「パ・リーグ ビジネススクール」内で、UMASSから講師を招き、特別講座を開催する予定だ。

○UMASS代表のウィリアム・ノートン・ディレクター
「パ・リーグの球団職員向けに講義を行った取り組みの初年度は、素晴らしい成果を生み、今後のパートナーシップ継続に向けた礎を築くことができました。私たちはスポーツ業界でのPLMの立ち位置に大きな可能性を感じています。同社が業界でリーダーシップ発揮していく一助となれることを楽しみしていますし、UMASSとPLMとで築きあげてきたこの関係性を重要に感じ、2022年はさらなる発展に期待しております」

○PLMの根岸友喜・代表取締役CEO
「世界トップレベルかつ最先端のプログラムから学ぶ機会を得ることができるのは、とても光栄なことであり、大きな喜びです。私たちの目指すべきところは、国際的なスポーツ産業とのネットワークを拡大しつつ、そこで得た知見を活かし、パ・リーグや他のスポーツの発展にも貢献していくことです。UMASSとのパートナーシップ継続により、この素晴らしい取り組みがさらに発展していくことを期待しております。最後に、今年は東京でUMASSの教授陣と直接お会いできることを心から楽しみにしております」(Full-Count編集部)

ジャンルで探す