ロシア ウクライナに軍事侵攻

維持費、手間のかかる天然芝をあえて導入 筒香嘉智が“こだわり”をみせた理由

「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」の完成前報告会に出席したパイレーツ・筒香嘉智【写真提供:株式会社Goestudio】

「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」の完成前報告会に出席したパイレーツ・筒香嘉智【写真提供:株式会社Goestudio】

「天然芝で小さい頃からやることは、今後おいても非常にアドバンテージになる」

 パイレーツ筒香嘉智内野手は22日、故郷・和歌山県橋本市に建設する「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY(筒香スポーツ・アカデミー)」の完成前報告会に出席。野球少年、少女らの未来に向け総工費2億円を負担したが、こだわりを見せたのは天然芝だった。

 本球場、サブグラウンドに使用される“芝”に筒香のこだわりが見えた。人工芝に比べ維持費も手間も掛かる天然芝を使用した理由を「野球をする子たちにとっては天然芝で小さい頃からやることは、今後おいても非常にアドバンテージになると考えている」と説明。

 日本ではプロ野球を含め人工芝の球場が増えつつある。自身はDeNA時代に経験したドミニカ・ウインターリーグ、そして昨年はメジャー、マイナーの現状を目の当たりにしているだけに「まずは体の負担が減る。天然芝はイレギュラーが多く、不規則な打球がくる。予想がつかないことを自分たちが想定して守れる。いろいろと先を読むことにも繋がると思う」と、天然芝のメリットを語った。

 全施設の完成は今年中を目指しており、今後は少年野球チーム、学童保育、スポーツ教室の運営なども考えているという。野球界の将来を思う筒香の活動はまだ始まったばかりだ。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

ジャンルで探す