ロシア ウクライナに軍事侵攻

【大学野球】慶大、劇的サヨナラ本塁打で大学4冠&大会連覇に王手 9回に下山が右翼へ2ラン

サヨナラ2ランを放った慶大・下山悠介【写真:中戸川知世】

サヨナラ2ランを放った慶大・下山悠介【写真:中戸川知世】

慶大はここまで春秋リーグ、全日本大学野球選手権の3冠

 第52回明治神宮野球大会は24日、神宮球場で大学の部の準決勝2試合が行われ、慶大が神奈川大に6-4でサヨナラ勝利し決勝に進出した。新型コロナウイルスで中止となった昨年を挟んで、2大会連続優勝まであと1勝とした。

 慶大は、2-3で1点を追う4回無死二塁、福井章吾捕手(4年)の中前適時打で同点に。その後、9番・生井惇己投手(3年)の右前打で、一、三塁とし、オリックスからドラフト4位指名を受けた1番・渡部遼人外野手(4年)の中犠飛で勝ち越しに成功した。

 その後、同点に追いつかれたが9回に渡部が四球で出塁し、暴投で二塁へ。犠打で1死三塁とし3番・下山悠介(3年)が右翼席へサヨナラ2ランを放ち試合を決めた。

 決勝は中央学院大と国学院大の勝者と対戦する。慶大は、今年春秋の東京六大学リーグ、全日本大学野球選手権を制している。東京六大学勢初の“大学4冠”に期待がかかる。(川村虎大 / Kodai Kawamura)

ジャンルで探す