【大学野球】強打の上武大・ブライト健太、仙台大・川村友斗が提出 大学生のプロ志望届

上武大・ブライト健太【写真:小林靖】

上武大・ブライト健太【写真:小林靖】

高校生ではクラーク国際の小濱優人が提出

 全日本大学野球連盟は24日、公開しているプロ野球志望届提出者名簿を更新、提出している選手は127人になった。

 新たな提出者では、上武大のブライト健太外野手の名前が上がる。今春の全日本大学野球選手権で打率.615、2本塁打しプロのスカウトから注目を浴びた。

 また仙台大の川村友斗外野手は昨秋の仙台六大学リーグで4本塁打し本塁打王に輝いた。北海高時代には甲子園に2度出場し、準優勝した2016年夏には2本塁打している。

 日本高野連も名簿を更新し、クラーク国際(北海道)の小濱優人捕手が提出した。総提出者は136人となった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す