【MLB】大谷翔平の本塁打王に障壁? ゲレーロJr.との差が明らかな“後続打者”の弱さ

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ゲレーロJr.は前後に強打者がズラリと並ぶ

 22日(日本時間23日)に行われたアストロズ戦で自身初となる1試合4四球となったエンゼルスの大谷翔平投手。7回2死二塁、そして延長10回無死二塁とチャンスでは、2打席連続の申告敬遠で歩かされるなど、相手バッテリーから勝負を避けられた。45本塁打で、ブルージェイズのゲレーロJr.、ロイヤルズのペレスとの差は1本のまま変わらなかった。

 熾烈な本塁打王争いの中で、この“四球禍”はもどかしい。今季81四球となり、リーグ4番目の多さに。大谷よりも約60打席多いゲレーロJr.は83四球。ペレスに至っては26四球と2人より遥かに少ない。

 また、大谷はこの日の2度の申告敬遠で今季の敬遠四球は15個目に。ア・リーグではダントツで、ゲレーロJr.は7個、ペレスは4個と大谷の半数以下だ。ジョー・マドン監督が「彼をどの打順に置こうと変わらない、関係ないと思う。複数の選手が怪我をしたことで、彼はこれといったプロテクションが得られない状態だ」と嘆くように、この四球数の多さがチーム状態を現している。

 ゲレーロJr.はチームで3番を打つ。2番には打率.267、41本塁打のマーカス・セミエン内野手が構え、4番には打率.292、26本塁打のボー・ビシェットJr.内野手、5番には打率.301、29本塁打のテオスカー・ヘルナンデス外野手と並ぶ。ゲレーロJr.との勝負を避けたところで、後続にも強力な打者が並ぶだけに迂闊に歩かせることはできない。

ロイヤルズもブルージェイズほどではないにしろ中軸はまずまず強力

 一方のペレスはゲレーロJr.と同じ3番に入り、4番にはアンドリュー・ベニンテンディ外野手、5番にはカルロス・サンタナ内野手と並ぶ。ベニンテンディは今季16本塁打。サンタナはここまで19本塁打ながら、2019年に34本塁打を放つなど、メジャー通算259本塁打を放っているスラッガー。ペレスの後ろも強力だ。

 エンゼルスは、マイク・トラウト外野手、アンソニー・レンドン内野手ら、中心選手が怪我で離脱中。その中で大谷は2番ないし3番を任されている。ここ最近、大谷の後ろはフィル・ゴセリン内野手、ジャレッド・ウォルシュ内野手という並び。ゴセリンは今季95試合で打率.269、7本塁打。ウォルシュはここまでチーム2番目の27本塁打を放っているが、後半戦に限れば、5本塁打と失速している。大谷の後ろを打つ打者の弱さも四球を多くさせているのは明らかだ。

 マドン監督は「だからこそ彼がしていることはより感銘を与えるものなんだ」と語り、本塁打王争いを繰り広げている大谷の働きに目を細める。佳境に入ったア・リーグ本塁打王争い。勝負の行方は大谷の前後を打つ打者たちの働きにかかっているのかもしれない。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す