【MLB】筒香嘉智は「メジャー5位」の強打者に 新天地で覚醒した驚異の長打率&出塁率

代打で適時二塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

代打で適時二塁打を放ったパイレーツ・筒香嘉智【写真:Getty Images】

OPSは1.098、得点圏打率.526…傑出した数値に地元実況が注目

 パイレーツの筒香嘉智外野手は21日(日本時間22日)、敵地でのレッズ戦で右翼線への適時二塁打を放った。8回2死一塁で代打として登場して結果を残し、パイレーツ加入後は好成績を残す筒香に地元メディアも感嘆している。

 この日はスタメンから外れた筒香。3点リードとなった8回2死一塁で代打として起用されると、フルカウントからの9球目を右翼線へ。一塁走者が一気に本塁へと生還し、6点目を生む適時二塁打となった。これでパイレーツでは86打数27安打の打率.314、OPSは驚異の1.098になった。

 この数字に注目したのはパイレーツの地元放送局「AT&Tスポーツネット・ピッツバーグ」で実況を務めるジョー・ブロック氏。自身のツイッターで「パイレーツ加入後のヨシ・ツツゴウのOPS.1.098は、MLBで5位となっている」とレポートした。

 筒香がパイレーツに加入した8月16日以降の試合で100打席以上に立った打者のうち、このOPS1.098はMLB全体で5位に位置するという。また、移籍後は得点圏に走者を置いた状況で19打数10安打、.526という驚異の得点圏打率も残しており、その勝負強さも光る数字となっている。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す