貧打に喘ぐ日本ハム、清宮の1軍昇格は? 後半戦に活躍期待の選手【イースタン編】

西武・渡部健人(左)と日本ハム・清宮幸太郎【写真:宮脇広久、石川加奈子】

西武・渡部健人(左)と日本ハム・清宮幸太郎【写真:宮脇広久、石川加奈子】

日本ハムは西武から木村&佐藤を獲得、ドラフト6位・今川はファームで8発

 プロ野球は東京五輪中断期間を経て13日に後半戦に突入。各球団とも残り試合は60を切り、優勝争い、そしてクライマックスシリーズ出場権を得られるAクラス奪取へ戦いはいよいよ佳境を迎える。今後、チーム躍進のための大きな戦力となり得る存在はいるだろうか。今季のイースタン・リーグ成績を基にシーズン終盤での1軍での活躍が期待できる選手をピックアップする。

 パ・リーグ最下位に沈む日本ハムは後半戦が再開したソフトバンク3連戦全試合で無得点に終わるなど貧打が深刻。主砲の中田翔内野手が同僚への暴力行為により出場停止処分を受けており、打線のテコ入れが急務だろう。

 西武からトレード移籍で加入した木村文紀外野手は実績十分で、プロ3年目の佐藤龍世内野手は今季1軍で打率.167(12打数2安打)も、2軍ではリーグ3位の打率.275、6本塁打をマークしている。

 今季1軍出場機会がない2017年ドラフト1位の清宮幸太郎内野手は打率こそ.195だが、リーグ2位の13本塁打&41打点をマークしている。ドラフト6位ルーキーの今川優馬外野手も8本塁打。1軍出場19試合で8盗塁を決めるも、6月中旬に左太もも肉離れで戦線離脱したドラフト2位ルーキー・五十幡亮汰外野手の復帰も待たれる。

ロッテ育成・森はリーグトップの8勝、西武・渡部は本塁打&打点の2冠

 パ・リーグ2位の楽天は右の長距離打者が少ない。2軍では和田恋外野手が7本塁打、内田靖人内野手が6本、岩見雅紀外野手が4本、横尾俊建内野手が4本放っている。左打ちの渡邊佳明内野手はイースタントップの打率.316をマークしている。

 投手では2016年ドラフト1位の藤平尚真投手が今季未登板。2軍でも12試合で0勝5敗、防御率7.52と苦しんでいるが、7月31日のDeNAとのエキシビションマッチでは2回を無失点と好投した。2011年ドラフト2位の釜田佳直投手は1軍登板は1試合にとどまるも、2軍ではイースタントップの防御率2.18をマークしている。ドラフト2位ルーキーの高田孝一投手も5勝6敗、防御率2.73と奮闘している。

 ロッテは育成2投手の頑張りが目立つ。入団4年目の森遼大朗投手はリーグトップの8勝(1敗)をマーク。7月のファーム月間MVPを受賞した。昨年の育成ドラフト2位で入団した小沼健太投手はリーグ断トツの13セーブ。今年の支配下登録は8月31日までのため1軍出場の可能性はゼロではない。

 西武はドラフト1位ルーキーの渡部健人内野手が14本塁打&47打点をマークして両部門でリーグトップを走る。4月に1軍昇格した際は打率.063(16打数1安打)、1本塁打に終わったが、再昇格のチャンスは十分にありそうだ。

 投手では本田圭佑投手がリーグ2位の6勝、田村伊知郎投手が同2位の6セーブ、防御率1.29と安定感ある投球をしている。4月にプロ初勝利を挙げた上間永遠投手は5勝1敗、防御率0.73をマークしている。

巨人・平内龍太【写真:荒川祐史】

巨人・平内龍太【写真:荒川祐史】

巨人のドラフト1位・平内は6セーブ、ヤクルト・宮台は19試合で防御率2.76

 セ・リーグに目を転じると、巨人は八百板卓丸外野手がリーグ4位の打率.275、エスタミー・ウレーニャ内野手が同6位の.272をマーク。キャンプ、オープン戦で話題を呼んだドラフト5位ルーキーの秋広優人内野手は57試合出場、打率.188(181打数34安打)、4本塁打、13打点。6月に支配下登録された平間隼人内野手は打率.291(179打数52安打)の成績を残している。

 投手ではドラフト1位の平内龍太投手が25試合登板でリーグ2位タイの6セーブ(4勝4敗、防御率3.05)を挙げている。6月に支配下選手登録された戸田懐生投手が4勝1敗、防御率4.39。堀岡隼人投手がリーグ最多の33試合に登板し、今季1軍で2試合に先発した横川凱投手がチーム最多の6勝(3敗)をマークしている。また今季DeNAからFA加入した井納翔一投手は4勝6敗、防御率3.82。

 ヤクルトは高卒1、2年目の野手に有望株が多い。2年目の長岡秀樹内野手が打率.248&2本塁打、武岡龍世内野手が.247&2本塁打、ドラフト3位ルーキーの内山壮真捕手が.243&6本塁打をマーク。いずれも今季1軍を経験しており、再昇格の可能性も十分にありそうだ。

 投手では2016年ドラフト1位の寺島成輝投手が無傷の5勝をマーク。昨年オフに日本ハムから戦力外通告を受けた東大卒左腕の宮台康平投手は19試合に登板して防御率2.76と安定した投球をしている。5月末に1軍昇格した際は登板機会がなかったが、後半戦に再びチャンスが巡ってくるか。

 DeNAでは2019年ドラフト1位の森敬斗内野手がリーグトップの68安打&同2位の16盗塁を記録。7月10日に1軍昇格した。大卒2年目の蛯名達夫外野手がリーグ2位の打率.283(205打数58安打)、7本塁打をマーク。今季は4月下旬から5月上旬にかけて1軍を経験(7打数1安打)しており、再びチャンスをつかめるか。履正社高からドラフト4位で入団したルーキー、小深田大地内野手は72試合出場で打率.208、1本塁打。

 投手では2年ぶりに支配下登録された31歳の左腕・田中健二朗投手がチームトップの30試合に登板。2018年以来の1軍マウンドに着実に近付いている。1軍でも実績ある4年目の櫻井周斗投手はリーグ2位タイの6セーブを挙げている。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す