【MLB】大谷翔平が「どれだけデカいのか分かる」 ゲレーロJr.との“至近距離”2ショット

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

38発と35発の“競演”にファン「よだれが出ちゃう」「家の壁に飾る」

■ブルージェイズ 10ー2 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルス大谷翔平投手が、本塁打王へ再加速した。11日(日本時間12日)の本拠地でのブルージェイズ戦で、14試合ぶりの一発となる38号2ラン。2位で追う敵軍のゲレーロJr.と3本差に広げた。熾烈なアーチ合戦を繰り広げるこの2人。ブルージェイズ公式ツイッターが、近距離で“競演”した写真を公開すると、ファンは「よだれが出ちゃう」「家の壁に飾る」と大喜びしている。

「Most Valuable Picture(最も価値のある写真)」とのメッセージを添え、公開された1枚の写真。一塁ベースを挟んで、守備のゲレーロJr.と出塁した大谷が立っている。2人とも穏やかな表情を見せているが、身長188センチと大柄なゲレーロJr.が小さく見えるほど、大谷のゴツさが際立っている。

 38発と35発。メジャー屈指の大砲が居並ぶ姿に、ファンはたまらない様子。「この写真の莫大な量の素晴らしさに圧倒されている」「今シーズン通して1番好きな野球の写真」「オオタニと並べてみるとブラッドが小さく見えることから、彼がどれだけデカいのか分かる」などとコメントが並んでいた。大谷は12日(同13日)は同カードで先発予定。ゲレーロJr.との直接対決に注目が集まっている。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す