【MLB】大谷翔平、14試合ぶり弾は同点38号2ラン ゲレーロJr.の前で8月初アーチ、3本差に

38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

38号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地ブルージェイズ戦に「1番・指名打者」で先発出場

■ブルージェイズ 10ー2 エンゼルス(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルス大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地・ブルージェイズ戦で「1番・指名打者」で先発出場した。本塁打、打点のタイトルを争うブラディミール・ゲレーロJr.内野手との“直接対決”。3回1死一塁での第2打席で38号2ランを放った。

 初回先頭では特大の右飛。右腕マノアを捉えたのは、3回1死一塁だった。14試合ぶりの一発は両リーグトップを走る中越え38号2ラン。一振りで同点に追いついた。リーグ2位35本塁打のゲレーロJr.の前でアーチをかけ、3本リードとした。

 本塁打は7月28日(同29日)の本拠地・ロッキーズ戦の第3打席以来。打席前まで今季最長の13試合47打席連続ノーアーチだった。これが8月初アーチとなった。打球速度は105.6マイル(約169.9キロ)、413フィート(約125.9メートル)だった。

 前日10日(同11日)のブルージェイズとのダブルヘッダーでは2試合で計7打数1安打。「1番・指名打者」で先発出場した第2試合の初回に右翼線三塁打を放ち、7試合ぶりの安打をマークした。再び勢いに乗っていきたいところだ。

 試合は5回に一挙5得点を挙げて勝ち越したブルージェイズが勝利。大谷は3打数1安打2打点で打率.267。打点を「84」とし、リーグ2位タイとなった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す