【MLB】大谷翔平、「2番・DH」で先発出場 6試合ぶり38号&打点トップ猛追に期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

本塁打王争いはキング独走3本差リード、82打点はトップに3点差

■レンジャーズ ー エンゼルス(日本時間4日・アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日、試合開始9時5分)、敵地のレンジャーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場する。6試合ぶり38号本塁打が飛び出すか注目される。

 前日2日(同3日)の同戦では4打数無安打。2試合連続無安打に終わった。ここまで両リーグ最多37本塁打。リーグ2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.とは3本差だ。打点では今季82打点。リーグトップ85打点のゲレーロJr.と3点差のリーグ2位タイとなっている。

 また、22歳のジョー・アデル外野手が「6番・右翼」で今季初の先発出場する。今季3Aで73試合に出場し、打率.289、23本塁打、69打点。2日(同3日)にメジャー昇格した。

 レンジャーズは右腕ジョーダン・ライルズが先発する。今季は21試合登板し、5勝7敗、防御率5.04。今季、大谷は4月26日に対戦し、四球、右翼線2点二塁打、空振り三振だった。

エンゼルス
1(二)フレッチャー
2(指)大谷翔平
3(左)アップトン
4(捕)スタッシー
5(一)ゴセリン
6(右)アデル
7(遊)イグレシアス
8(中)マーシュ
9(三)メイフィールド
投手 スアレス(Full-Count編集部)

ジャンルで探す