新型コロナ 最新の感染状況や対応は

【高校野球】元DeNA・小池Jr.の2年生4番が“有言実行”の決勝打 東海大菅生が聖地まであと1勝

東海大菅生・小池祐吏(左)【写真:川村虎大】

東海大菅生・小池祐吏(左)【写真:川村虎大】

今大会1割台の4番がキッパリ「準決勝、決勝にとってあります」

 全国高校野球選手権西東京大会の準決勝が31日、東京ドームで行われ、選抜ベスト8の東海大菅生が世田谷学園を8-0の7回コールドで下し決勝進出を決めた。先制打を放ち、チームを勢いに乗せたのは小池祐吏内野手(2年)だ。父は横浜や中日で活躍し、現在DeNAの1軍外野守備走塁コーチを務める正晃氏。結果を残せずにいた良血の4番打者に、爆発の気配だ。

 2年生4番が沈黙を破った。両軍無得点で迎えた3回2死満塁。この夏から4番に座る小池が先制の2点適時打を放った。1ボール2ストライクと追い込まれた4球目、外角のボール球をしぶとく中前に運んだ。勢いづいた打線は、5番の岩井大和内野手(3年)も中越えの2点三塁打を放ち、リードは4点に。6回にも4点を追加し突き放した。投手陣は先発・櫻井海理投手(3年)と本田峻也投手(3年)の左腕リレーが7回を無失点に抑え、コールド勝ちで決勝進出を決めた。

 小池は昨秋から今春にかけては5番を打っていた。この夏は若林弘泰監督が「成長を感じている」と評価し4番に抜擢したものの、ここまでは打率1割台の絶不調。苦しむ中でも、気持ちは折れていなかった。準決勝に向けての練習中、若林監督にこう宣言したという。

「準決勝、決勝にとってあります」

 言葉の意図を問われると、小池は笑いながら答えた。「本当に調子悪くて、若林監督と打撃の相談をしている中で、冗談で言ってしまいました。だから、きょうはなんとしても打たないといけないなって。執念で持っていけたのでよかったです」。言葉で自らを追い込み、バットに当てた。

選抜で中京大中京・畔柳の150キロを体感「打ち返せるように」と原点回帰

 夏に向けての、成長の起点となった試合がある。春の選抜準々決勝で、中京大中京に0-6で敗れた。今秋のドラフト上位候補と言われる中京大中京・畔柳亨丞投手(3年)にチームは2安打。150キロを超える直球への対応が必要不可欠だと感じた。

「畔柳投手の球がすごく速かった。150キロを超えてくる投手は全国にたくさんいるので、それを打ち返せるようにならなければ」。スイングスピードを意識し、毎日繰り返す素振りでも測るようになった。いまでは春から10キロ以上アップし、145キロを計測する。

 春4度、夏3度の甲子園出場歴のある強豪・東海大菅生の4番を2年生で打つ。「3年生の分まで打たなきゃいけない」というプレッシャーはもちろんある。気持ちを楽にしてくれたのは、4番を務めてきた堀町沖永外野手(3年)の言葉だ。「お前が4番だから、お前の打撃をしてこい」。自分の役割に集中できるようになった。

 甲子園まであと1勝。何をすればいいかは分かっている。「自分たちは甲子園で日本一をとることを目指している。エース級の投手から打つことが4番の役割だと思っているので、そういう場面で打てるように」。8月2日の決勝は、2019年に続く2大会連続出場を狙う国学院久我山が相手。小池は“有言実行”で、聖地への道を切り開く。(川村虎大 / Kodai Kawamura)

ジャンルで探す