新型コロナ 最新の感染状況や対応は

【MLB】前田健太が「2番・投手」でラインナップに… 指揮官が仕掛けたジョークに本人も大笑い

ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

ツインズ・前田健太【写真:Getty Images】

ツインズのラインナップで2番に記された「Maeda」の文字

 ツインズの前田健太投手は22日(日本時間23日)、本拠地でのエンゼルス戦に先発したが、実は「2番・投手」での出場計画があった? 2番に「Maeda」の文字が記されたラインナップをツインズの広報担当が自身のツイッターに投稿し、話題になっている。

 MLB公式サイトのツインズ番記者ドゥーヒョン・パーク氏が自身のツイッターに記したところによると、ツインズのロッコ・バルデリ監督は先日の会見で、大谷との対戦について問われ「ケンタが2番に入ったらみんな興奮すると思う?」と話したという。
 
 これを受けてなのか、ツインズはこの日「2番・投手」に「Maeda」と記したラインナップを用意。ツインズの広報担当ダスティン・モールス氏が写真を自身のツイッターに投稿した。モールス氏は続いて「ロッコ・バルデリ監督は今日ケンタでふざけていた。本当のラインナップではない」と投稿し、ジョークであることを明かしている。

 バルデリ監督はこの日の試合前会見で、前田の様子を明かした。「バッティンググラブをつけてダグアウトに行くようにとケンタにすすめている。多分外でバットを振っているだろう。映像も撮れるかもしれない。(前田が)本気にしたかは分からないけど、大きな笑顔は見せていた。『もしやるなら準備する』と言ったと思う」。

 登板の際は「2番・投手」のリアル二刀流で出場することが多い大谷。これを受けた指揮官のジョークに前田も大笑いだったようだ。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す