「凄すぎて笑っちゃう」 ロッテ・マーティンの“超ド級鬼肩スロー”がまるで内野手

ロッテのレオネス・マーティンが内野手のようなランニングスローで走者を刺した【画像:パーソル パ・リーグTV】

ロッテのレオネス・マーティンが内野手のようなランニングスローで走者を刺した【画像:パーソル パ・リーグTV】

9日の日本ハム戦でマーティンが衝撃のスローイングを見せる

■日本ハム 6ー1 ロッテ(9日・ZOZOマリン)

 これまでにも数々のレーザービーム、好返球でファンを沸かせてきたロッテのレオネス・マーティン外野手。9日にZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦で見せた凄まじい“ランニング鬼肩スロー”にファンが「想像以上にエグくて草」と驚愕している。

 2点ビハインドの3回だ。安打で出塁した渡邉を一塁に置き、野村が放った打球はマーティンの前に落ちる右前安打となった。一気に三塁を狙う一塁走者。チャージをかけてボールをキャッチしたマーティンは、ここから驚きのスローイングを見せた。

 なんと捕球すると、ノーステップで内野手のようにそのままランニングスロー。しかも、矢のような強烈な送球に。ショートバウンドにこそなったが、これを三塁の藤岡もうまく捌き、間一髪のところで走者をアウトにした。

 このマーティンの鬼肩スローを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeは「マーティン内野手(外野手)『ランニングスロー補殺』」と題して動画で公開。ファンからは「走りながらのこれはバケモンよな」「なぜその体勢で正確に投げれるんだww」「想像以上にエグくて草」「なんやこれ」「もう凄すぎて笑っちゃう」「これはエグすぎるやろ笑」と大盛り上がりだった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す