【MLB】防御率は異次元の0.50に… デグロムが7勝目、5試合30イニング連続無失点

ブレーブス戦に先発したメッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】

ブレーブス戦に先発したメッツのジェイコブ・デグロム【写真:ロイター】

ブレーブス戦に先発して5回1安打無失点と好投

■メッツ 4ー2 ブレーブス(日本時間22日・ニューヨーク・ダブルヘッダー第1試合)

 メッツジェイコブ・デグロム投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのブレーブス戦に先発して7勝目をマークした。ダブルヘッダーの第1試合で今季12試合目の先発マウンドに上がると、5回1安打無失点と快投。5試合連続、30イニング連続で無失点とし、防御率は驚異の0.50となった。

 この日も衝撃的な投球を展開した。初回から100マイル(約161キロ)を超える真っ直ぐを連発。いきなり2つの三振を奪う立ち上がりを見せると、5回2死まで無安打投球。スミスに二塁打を許したが、この日浴びた安打はこれだけだった。

 5回70球を投げて1安打2四球6奪三振で無失点。5月25日(同26日)のロッキーズ戦の2回に1点を失って以降、30イニング連続で得点を許しておらず、6月はいまだ無失点だ。16日(同17日)のカブス戦では肩を痛めて3回で降板していたものの、その影響を感じさせない快投だった。(Full-Count編集部)

ジャンルで探す