新型コロナ 最新の感染状況や対応は

大谷翔平がDH部門で1位、MLB球宴中間発表 イチロー氏以来、日本人両リーグ最多票にも期待

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は52万6608票を集め2位に23万票差をつける

 MLBは14日(日本時間15日)、第91回オールスターゲームのファン投票中間発表を行った。ア・リーグ指名打者部門では、エンゼルス大谷翔平投手が52万6608票を集め1位となった。

 ここまで大谷は打者として60試合に出場し打率.269、17本塁打45打点と堂々たる成績を残している。DHでの出場に加え投手としても今季は9試合に登板し2勝1敗、防御率2.85。さらにベーブ・ルース以来となる投打同時出場の“リアル二刀流”も果たし、メジャーで大注目を集める1年となっている。

 ア・リーグのDH部門では大谷が52万6608票を集め断トツ。2位はレッドソックスのJD・マルティネス外野手で29万3757票だった。また、この時点で両リーグ最多の票を集めたのは、ア・リーグの一塁手部門、ブルージェイズブラディミール・ゲレーロJr.内野手で85万7956票だった。

 日本人選手ではイチロー氏、松井秀喜氏、福留孝介に続く4人目のファン投票選出に期待がかかるが、2001年から2003年までイチロー氏は両リーグ最多得票を獲得している。二刀流・大谷には18年ぶり2人目となる偉業達成にも注目だ。

 オールスターゲームのファン投票は24日(同25日)まで第1ラウンドが行われ、各ポジションの上位3名(外野は9名)が第2ラウンドに進出し、そこで1位(外野は上位3人)に輝いた選手が、7月13日(同14日)にロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで開催される試合にスタメン出場することになる。

※イチロー氏の両リーグ最多票

2001年 337万3035票
2002年 251万6016票
2003年 213万708票(Full-Count編集部)

ジャンルで探す